2009年04月22日

虚弱体質4種類

1)気虚
倦怠、四肢無力、自汗、風邪を引きやすい、脈弱
→益気健脾
→朝鮮人参・西洋参・党参・太子参・白朮・山薬

2)血虚
顔不華、舌唇爪色白、動悸、眩暈、不眠、脈細
→補血
→豚レバー・鶏レバー・ホウレン草・阿膠
(補気のものも少し加える)

3)陰虚
口渇、乾燥、心悸、失眠、盗汗、煩熱
→滋陰清熱
→スッポン・麦門冬・天冬・百合・黒胡麻・桑椹

4)陽虚
無力、眠りたがる、不渇、冷え、下痢
→温補腎陽
→鹿茸・紫河車・杜仲・核桃仁・冬虫夏草

暗記

1)気虚
企業(気虚)は
駅(益気)で剣菱(けんびし→県費)を売ってて
西洋人(西洋参)、太平サブロー(太子参)、唐人(党参)の3人が
山芋人参術(山薬・朝鮮人参・白朮)を食べながら飲んでた。

2)血虚
補欠(補血)は嫌や〜、
れば、れば、(豚レバー・鶏レバー)やってたら
あ、今日(阿膠)、ホウレン草のレバー炒めや!

3)陰虚
じいちゃん(滋陰)は青年(清熱)を
スッポンポン(スッポン)にして
天童よしみ(天冬)を歌いながら
学問(麦門冬)をする前に
まず掃除(桑椹)しろ〜、と言い。
自分は「百合根の黒胡麻和え」を食べた。

4)陽虚
陽子ちゃんは眠いので
鹿(鹿茸)車(紫河車)に乗って
途中(杜仲)で冬虫(冬虫夏草)をお土産に買って
格闘人(核桃仁)に会いに行った。
posted by 135n at 11:44| 暗記・薬膳

お血による生理不順

病状:
経血にレバーのような塊あり
胸痛
イライラ
舌紫暗、お点
脈弦渇

弁証:気滞悪血による生理不順

施膳方針:活血化お・疏肝理気

酒の幽庵焼き(鮭・柚子・酒)
菜の花の三杯酢(菜の花・黒砂糖・酢)

効用:活血化お・疏肝理気

posted by 135n at 11:22| 暗記・薬膳

四季の養生

基本:春養肝、夏養心、秋養肺、冬養腎
はるようかん〜

春:疏肝潜陽(そかんせんよう)

夏:清熱解暑(せいねつげしょ)

秋:滋陰潤肺(じいんじゅんぱい)

冬:温補腎陽(おんほじんよう)

暗記

春:そがん(疏肝)、せんように!(潜陽)ちっ(怒った顔)

夏:青年(清熱)の下車(げしゃ→げしょ解暑)した駅電車は?

秋:じいちゃん(滋陰)が巡拝(潤肺)に行く季節足足

冬:キスマーク女(温)が歩いて足(歩人→補腎)容姿(陽)を鍛える季節雪
posted by 135n at 11:13| 暗記・薬膳