2011年08月02日

枳実導滞丸(きじつどうたいがん)

消導化積剤>消食導滞剤>枳実導滞丸


効能:消導化積・清熱除湿
主治:湿熱食積・内阻腸胃

腹満・腹痛・下痢・或いは便秘・テネスムス(渋り腹)・尿が濃い・舌苔黄膩・脈沈で有力

病機:食積→腸胃に停積→運湿阻外→化熱→食積と湿熱が腸胃を内阻

期日どうだい? (枳実導滞丸)
ゴンレン・ブクタク術で 黄芩・黄連・茯苓・沢瀉・白朮
大王は期日に新曲 (大黄・枳実・神)
posted by 135n at 14:43| 暗記・内科学

五皮散(ごひさん)

祛湿剤>利水滲湿剤>五皮散


効能:利湿消腫・理気健脾
主治:脾虚気滞・水腫(皮水) 

全身浮腫・肢体困重・腹満・呼吸促迫・呼吸困難・尿量少・舌苔白膩・或いは妊娠水腫

病機:脾虚→運化失調→内湿→湿困→脾運さらに悪化→湿盛→水湿が肌膚に氾濫
   脾虚よりも湿困が主体

5つの皮はご悲惨な事になりました。(五皮散)
飛距離、期待したけど、水ぶくれになり(脾虚気滞・水腫)

生姜と陳皮入りの大福餅に (生姜皮・陳皮・大腹皮)
ブクブクは蒼白!  (茯苓皮・桑白皮)
posted by 135n at 11:11| 暗記・内科学

2011年06月28日

突然の嘔吐

kakkou.jpg

先日、新幹線の車中で
「ちょっと寒いな〜」と思ってたら、
突然嘔吐(>o<) ←トイレへ行ったから汚してないよ(^^)v

下記の通りの症状になったみたい(°°;)

藿香正気散を飲んで治りました(^^)v

---------------------------------------

内科学>嘔吐>外邪犯胃

病名:嘔吐

証候名:外邪犯胃

治法:疏邪解表・芳香化濁

処方:藿香正気散加減

藿香2g、大腹皮2g、白芷2g、甘草2g、炙甘草2g、蘇葉2g

作湯剤、水煎して1日1剤 分2,3剤

指示:消化の良い物を摂る。

-------------------
藿香正気散

カッコウ(藿香)が 生姜(乾生姜)入りの 
白くて(白芷)甘い(炙甘草)大福餅(大腹皮)を
紫蘇の葉(蘇葉)で包んで食べたら
嘔吐が止まった(^^)v



posted by 135n at 08:39| 暗記・内科学

2011年06月18日

嘔吐

20110618_5.JPG

内科学>嘔吐

嘔吐=実証+虚証

<実証>

@ 外邪犯胃→→藿香正気散

  嘔吐は外人じゃー(外邪)!犯人は(犯胃)!学校は正気か(藿香正気散)?

A 飲食停滞→保和丸 

  飲食で痛く(飲食停滞)て嘔吐、保安官(保和丸)を呼んだ。

B 痰飲内阻→小半夏湯+苓桂朮甘湯

C 肝気犯胃→半夏厚朴湯+左金丸


<虚証>

@ 脾胃虚寒→理中丸

A 胃陰不足→麦門冬湯

posted by 135n at 19:47| 暗記・内科学

2011年06月09日

中風

中風.jpg

内科学>中風

中風:中経絡・中臓腑・後遺症

中経絡

・肝腎陰虚・風陽上擾→滋陰潜陽・熄風通絡→鎮肝熄風湯:代赭石・牛膝各10;竜骨・牡蠣・亀板・白芍薬・玄参・天門冬各5;川楝子・麦芽・茵陳蒿各2;甘草1

・脈絡空虚・風邪侵入→祛風・養血・通絡→大秦艽湯1:秦艽9;甘草・川芎・当帰・白芍・石膏・白芷・白朮・生地黄・熟地黄・茯苓・独活各6;


中臓腑:閉証&脱証

・閉証:陽閉&陰閉

  ・陽閉→辛涼透竅・清肝熄風→至宝丹・安宮牛黄丸、羚羊角湯

  ・陰閉→豁痰熄風・辛温開竅→蘇合香丸・滌痰湯

・脱証→益気回陽・救陰固脱→参附湯・生脈散


後遺症:半身不遂・言語不利・口眼歪斜

・半身不遂

 @ 気虚血滞・脈絡瘀阻→補気活血・通絡活絡→補陽還五湯:黄耆20.0;桃仁4.0;当帰・赤芍・紅花各3.0;川芎・地竜各2.0

 A 肝陽上亢・脈絡瘀阻→平肝潜陽・熄風通絡→鎮肝熄風湯天麻釣藤飲
・言語不利

 @ 風痰阻絡→祛風除痰・宣竅通絡→解語丹

 A 腎虚精虧→滋陰補腎利竅→地黄飲子:熟地黄・巴戟天・山茱萸・石斛・肉蓯蓉・炮附子・五味子・肉桂・茯苓・麦門冬・菖蒲・遠志各等分

 B 肝陽上亢→平肝潜陽・化痰開竅→鎮肝熄風湯、天麻釣藤飲







posted by 135n at 09:21| 暗記・内科学

眩暈(めまい)

眩暈.jpg

内科学>眩暈

眩暈:肝陽上亢・気血虧虚・痰濁中阻・腎精不足


・肝陽上亢→平肝潜陽・滋養肝腎→天麻釣藤飲:石決明4.0;釣藤・茯苓・桑寄生・杜仲・益母草・夜交藤各3.0;黄芩・天麻・牛膝各2.0;山梔子1.0

・気血虧虚→補養気血・健運脾胃→帰脾湯:黄耆・人参・朮・茯苓・酸棗仁・竜眼肉各3.0;当帰・遠志・大棗各2.0;乾生姜1.5;甘草・木香各1.0

・痰濁中阻→燥湿去痰・健胃和胃→半夏白朮天麻湯:茯苓・白朮・半夏・陳皮各3.0;生姜・天麻・炒曲各2.0;黄耆・沢瀉・麦芽・人参各1.5;黄柏・乾姜各1.0

・腎精不足→陰虚に偏→補腎腎陰→左帰飲:熟地黄15.0;山薬12.0;山茱萸・枸杞子・茯苓各9.0;炙甘草3.0

・腎精不足→陽虚に偏→補腎助陽→右帰丸

posted by 135n at 09:00| 暗記・内科学

頭痛

頭痛.jpg

内科学>頭痛


頭痛:外寒&内傷


外寒:風寒・風熱・風湿 感熱紙(寒・熱・湿)

風寒→疏散風熱→川芎茶調散:川芎・香附子各3.0;薄荷・荊芥・防風・白芷・羗活各2.0;甘草・細茶各1.5

風熱→疏風清熱→芎芷石膏湯

風湿→祛風勝湿→羌活勝湿湯:羌活・独活各6;藁本・防風・炙甘草・川芎各3;蔓荊子2


内傷:肝陽・腎虚・血虚・瘀血

肝陽→平肝潜陽→天麻釣藤飲:石決明4.0;釣藤・茯苓・桑寄生・杜仲・益母草・夜交藤各3.0;黄芩・天麻・牛膝各2.0;山梔子1.0

腎虚→養陰補腎→大補元煎:人参;熟地黄;山薬;山茱萸;当帰;枸杞子;杜仲;甘草

血虚→養血→加味四物湯:麦門冬5.0;当帰・川芎・芍薬・地黄・蒼朮各3.0;人参・牛膝各2.0;黄柏・五味子・黄連・知母・杜仲各1.5

瘀血→活血化瘀→通竅活血湯:桃仁・紅花・生姜各9;赤芍・川芎・葱白・大棗各6;麝香0.15

湿濁→化痰降逆→半夏白朮天麻湯:茯苓・白朮・半夏・陳皮各3.0;生姜・天麻・炒曲各2.0;黄耆・沢瀉・麦芽・人参各1.5;黄柏・乾姜各1.0





posted by 135n at 08:55| 暗記・内科学

2011年04月11日

16.癲狂

tekyooo.jpg


kyojitu-tennkyou.jpg

癲狂 

虚=癲

・痰気鬱結ー理気解欝ー順気導痰湯加遠志・鬱金・菖蒲

・心脾両虚ー健脾養心・益気安神ー養心湯


実=狂

・痰火上擾ー鎮心滌痰ー生鉄落飲

・火盛陰傷ー滋陰降火・安神定志ー二陰煎

-

転居(癲狂)先

京都(虚)の
短気で美しいケツ(痰気鬱結)と神秘的に両極端(心脾両虚)


実は(実)狂ってる
短歌のジョジョ(痰火上擾)の火星の印象(火盛陰傷)

posted by 135n at 12:11| 暗記・内科学

2011年03月03日

12.胸痹・弁証論治

mune2.jpg

心血瘀阻・痰濁壅塞(ようさい)・陰寒凝滞・心腎陰虚・気陰両虚・陽気虚衰


むかっ(怒り)胸が痛いのは(胸痹)

キスマーク楊貴妃の今日のバースデースイーツ(陽虚虚衰)に

心血を注ぐのが遅い(心血瘀阻)と叱られてがく〜(落胆した顔)

とんだ供養祭(くようさい)(痰濁壅塞)になったからなんですバッド(下向き矢印)

それに、印鑑証明とるのに行列(陰寒凝滞)が嫌でちっ(怒った顔)

新人なのに隠居しちゃった(心腎陰虚)

議員が両極端(気陰両虚)なヤツで

その二つせいなんですもうやだ〜(悲しい顔)



posted by 135n at 11:21| 暗記・内科学

12.胸痹の病因病機

mune1.jpg

胸痹

胸部が悶痛し、甚だしい場合は胸脇徹背(強痛が背部まで貫く)し
短気(息切れ)・喘促して横に慣れないなどを主症状とする疾患。

軽い場合は胸悶して息が詰まる、呼吸が苦しい等の症状が有るのみ
重い場合は強痛、甚だしい場合は心痛徹背、背痛徹心となる。





posted by 135n at 10:58| 暗記・内科学

2011年02月25日

11.心悸

shinki.jpg

心悸(驚悸と怔忡を含む)

胸の動悸・驚[忄易]不安を自覚し、甚だしい場合は自主出来なくなる一種の病証。

臨床では一般に発作性のものが多く、情緒の波動或いは労累過度によって発作を起こす。
しかも、普段から失眠・健忘・眩暈・耳鳴などの症状を伴う。

1)病因

 心虚胆怯、心血不足、心陽衰弱、水飲内停、瘀血阻絡などの要素と関係有り。
 (外感六淫は病因病機で無い)

2)病機

 心虚胆怯、心血不足、陰虚火旺、心陽不振、水飲凌心、瘀血阻絡

---------------------

揺れるハート心臓ドキドキ(心悸)は短距離(心虚胆怯)走したからダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

心血を注いだけど不足(心血不足)で、もうやだ〜(悲しい顔)
ご隠居の顔(陰虚火旺)ドコモ提供みたら目
リボン陽子ちゃんの心は不振(心陽不振)でいっぱいがく〜(落胆した顔)

それにビール水飲み会をトイレ両親(水飲陵心)
見つかり、おそらく(瘀血阻絡)怒られるパンチ


     
posted by 135n at 10:53| 暗記・内科学

2011年02月22日

10.尿血

尿血.jpg

尿に血が混じる→尿血と血淋

・排尿痛無しor顕著な痛み無し →尿血
・尿血+排尿不暢+排尿痛 →血淋

1)下焦熱盛

小便黄赤灼熱・尿血鮮紅・心煩・口渇・面赤・口瘡・夜寐不安・舌紅・脈数

治法:清熱瀉火・涼血止血
方剤:小薊飲子加減

小薊飲子:生地黄24;小薊15;滑石12;蒲黄・藕節・山梔子各9;木通・淡竹葉・当帰・炙甘草各6

証券会社の印象(小薊飲子)は
ようけ(たくさん)試験(涼血止血)があって
それは青年が社歌(清熱瀉火)を歌いまくる歌唱力の熱戦(下焦熱盛)!
それで尿血が出たんや〜ふらふら


2)腎虚火旺

小便短赤帯血・頭暈・耳鳴・神疲・頬紅・潮熱・腰膝酸軟・舌質紅・脈細数

治法:滋陰降火・涼血止血
方剤:知柏地黄丸加減

知柏地黄丸:知母・黄柏各9.0;熟地黄8.0;山茱萸・山薬各4.0;牡丹皮・茯苓・沢瀉各3.0

ジンギスカンの顔(腎虚火旺)は
寺院効果(滋陰降火)とようけの試験(涼血止血)で
尿血が出て
しばくぞー(知柏地黄丸)どんっ(衝撃)


3)脾不統血

久病尿血・面色六か・食少・体倦乏力・気短声低・歯衄や肌衄を兼ねる・舌質淡・脈細弱

治法:補脾摂血
方剤:帰脾湯加減

帰脾湯:黄耆・人参・朮・茯苓・酸棗仁・竜眼肉各3.0;当帰・遠志・大棗各2.0;乾生姜1.5;甘草・木香各1.0

皮膚が凍結(脾不統血)したんは
ホピー石鹸(補脾摂血)が厳しかった(帰脾湯)からで
尿血出たよどんっ(衝撃)


4)腎気不固

久病尿血・色淡紅・頭暈・耳鳴・精神困憊(こんぱい)・腰椎酸痛・舌質淡・脈沈弱

治法:補益腎気・固摂止血
方剤:無比山薬丸加減 

ジンギスカンの不幸(腎気不固)は尿血で
ムヒの三役会議でガンガン(無比散薬丸)検討された結果
吠える人気(補益腎気)とご接待試験(固摂止血)をする事になった。






posted by 135n at 14:52| 暗記・内科学

2011年02月16日

10.便血

便血.jpg

便血:血が肛門から排泄されるもの

1)腸道湿熱

 治法:清化湿熱・涼血止血
 方剤:地楡散或いは槐角丸加減

 調度品を失念(腸道湿熱)して
 授産施設(地楡散)の改革ガンガン(槐角丸)やらなアカン!

 地楡散(じゆさん)
 槐角丸:槐角6;防風・地楡・当帰・黄芩・枳殻各3


2)脾胃虚寒

 治法:健脾温中・養血止血
 方剤:黄土湯加減

 現品御中(健脾温中)で養鶏場の(養血)試験(止血)本
 弟と(黄土湯)犬猫

 黄土湯:黄芩・甘草・地黄・白朮・阿膠各3.0;附子0.5;黄土7.0



 

 
posted by 135n at 17:48| 暗記・内科学

10.咳血(がいけつ)

咳血.jpg

咳血:咳嗽等と共に血を吐くこと。

1)燥熱傷肺

 治法:清熱潤肺・寧絡止血
 方剤:桑杏湯加減

 桑杏湯:沙参6;杏仁4.5;桑葉・浙貝母・淡豆豉・梔皮・梨皮各3

 ソウさんの勝敗(燥熱傷肺)で
 青年純白(清熱潤肺)のネイラー試験(寧絡止血)が決まる!
 そう教頭先生、加減せーへんでドコモポイント

2)肝火犯肺

 治法:清肝瀉肺・涼血止血
 方剤:瀉白散合黛蛤散

 瀉白散:桑白皮・地骨皮各4.0;粳米・甘草各2.0
 黛蛤散:青黛;海蛤粉;蒲黄

 
 カンカンの販売員(肝火犯肺)どんっ(衝撃)
 生還者灰(清肝瀉肺)で両家死刑(涼血止血)
 じゃー、ハクさん(瀉白散)と黛敏郎は蛤御門を散歩(黛蛤散)

3)陰虚肺熱

 治法:滋陰潤肺・寧絡止血
 方剤:百合固金湯加減

 百合固金湯:麦門冬6.0;百合・当帰・地黄各4.0;芍薬・貝母・玄参各3.0;桔梗2.0;甘草1.5

 ご隠居ハイネケン(陰虚肺熱)ビール飲んで、寺院巡拝(滋陰潤肺)足足足
 ビルネイラー試験(寧絡止血)はかわいい百合ちゃんのご近所で加減(百合固金湯加減)

posted by 135n at 17:28| 暗記・内科学

10.歯衄(しじく)

歯衄.jpg

歯衄(しじく):歯齦から出血するもの

 陽明の経脈は歯齦に入る→胃腸
 歯は骨の余り→腎
 
 に関係する。

1)胃火熾盛

 鮮紅色の歯衄が紅腫疼痛する。
 頭痛・口臭・大便秘結・舌紅・苔黄・脈洪数

 治法:清胃瀉火・涼血止血
 方剤:加味清胃散合瀉心湯加減

 加味清胃散(寿世保元):当帰尾;生地黄;升麻;黄連;防風;石膏
 瀉心湯:大黄・黄芩・黄連各1.0

 イカ目の私生活ムード(胃火熾盛)
 黒ハート性医者か、両家死刑がく〜(落胆した顔)か(清胃瀉火・涼血止血)
 神さまの誠意さ!合成写真はグッド(上向き矢印)(加味清胃散合瀉心湯加減)


2)陰虚火旺

 淡紅色の歯衄・熱を受けたり煩労すると誘発される・歯は揺れてぐらつく。
 舌紅苔少・脈細数。

 治法:滋陰降火・涼血止血
 方剤:滋水清肝飲合茜根散加減

 滋水清肝飲:熟地;山薬;萸肉;丹皮;茯苓;澤瀉;柴胡;白芍;山梔;棗仁;帰身
 茜根散

 ご隠居の顔(陰虚火旺)は
 寺院効果(滋陰降火)で両家死刑(涼血止血どんっ(衝撃))になるところ
 自炊生還!いいんじゃない手(チョキ)(滋水清肝飲)合成婚賛成(茜根散加減)ムード

 
posted by 135n at 17:02| 暗記・内科学

2011年02月14日

9.汗証

ase.jpg

焦って!投函の時間やでー
汗証、盗汗、自汗あせあせ(飛び散る汗)

1)肺衛不固(はいえふこ)

はぇ〜(早い)不幸(肺衛不固)は
電車駅でご病気(益気固表)になったギョクヘイさん(玉屏風散)もうやだ〜(悲しい顔)

玉屏風散:黄耆6.0;白朮4.0;防風3.0

2)陰虚火旺

ご隠居の顔(陰虚火旺)は寺院効果(滋陰降火)!志願(止汗)して
スキー冬期陸上くつの王道(当帰六黄湯)へ!満月満月満月満月満月満月

当帰六黄湯:当帰・生地黄・熟地黄・黄芩・黄柏・黄連各6;黄耆12

3)営衛不和

永遠のファン(営衛不和)黒ハート
チョンワチョンワグッド(上向き矢印)の永遠(調和営衛)の警視庁(桂枝湯)ドコモ提供

桂枝湯:桂枝・芍薬・生姜・大棗各4.0;甘草2.0

4)邪熱鬱蒸

ジャネット、打つぞ!(邪熱鬱蒸)
性完成に熱心(清肝泄熱)なだけで、毛質わぇー(悪い)(化湿和営)
けど、龍ちゃん盛ん(龍胆瀉肝湯)やながく〜(落胆した顔)

竜胆瀉肝湯:木通・地黄・当帰各5.0;沢瀉・車前子・黄芩各3.0;竜胆・梔子・甘草各1.5



posted by 135n at 10:00| 暗記・内科学

2011年02月11日

10.血病の病因病機(その2)

ketubyouinnbyouki.jpg

血証

血液が正常な道を循環せず、
人体の上部に有る竅である口鼻などから溢れたり
下部の前後の二陰から溢れたり、
或いは肌膚に滲出したりすることによって現れる疾患を血証と総称する。

★病因

1.感受外邪ー特に熱邪

2.飲酒過多・辛辣厚味の偏食

  1)湿熱を生じる→湿熱内蘊→血絡を燻蒸灼傷→迫熱妄行→衄血・吐血・便血

  2)脾胃を損傷→脾胃虚弱→健運・統血の生理機能の失調→血が脈外に溢れる

3.情志過極 →肝火上炎・肝気上逆→迫血妄行→血証

4.労倦過度  (労倦:起居・労働の不節制、及びそれによりもたらされる過労状態)

  心主神明→精神的疲労→心を損傷
  脾主肌肉→肉体的な疲労→脾を損傷
  腎主蔵精→房事過度→腎を損傷

  過度の労倦→心脾腎の気陰を損傷→
  
    →気虚→摂血出来ず→血液の外溢を招く
    →陰虚→陰虚火旺→迫血妄行→衄血・尿血・紫斑

5.久病or熱病

  1)陰津耗傷→陰虚火旺・迫血妄行→出血
  2)正気虧損→気虚不摂→血が脈外に溢れる→出血
  3)久病入絡→血脈瘀阻・血行不暢→血不循経(血が絡脈を循らない)→出血

・・・
レストラン外食(外感・偏食)の上司(情志)ドコモポイントの老犬(労倦)犬が急な熱病(久病・熱病)で出血どんっ(衝撃)

★病機

1.火熱の燻灼→迫血妄行→出血 実証:外感風熱燥火・湿熱内蘊・肝欝化火
2.気虚不摂→血溢脈外→出血  虚証:陰虚火旺・気虚不摂





posted by 135n at 12:16| 暗記・内科学

2011年02月07日

10.血証

ketu.jpg

血証:鼻衄・歯衄・咳衄・吐血・便血・尿血・紫斑

  出血(血証)の話(鼻歯)、咳(咳衄)と(吐血)便尿ムラサキ(便血・尿血・紫斑)

  咳(咳衄)しながら
  出血(血証)の話(鼻歯)と(吐血)
  市販品の尿検査の勉強会(紫斑・尿血・便血)




posted by 135n at 11:00| 暗記・内科学

10.鼻衄

hanaji.jpg

血証>鼻衄

鼻血ー肺・胃・肝・気血虧虚  

鼻血の原因はハイ(肺)キング、行かん(胃肝)!と議決(気血)したからがく〜(落胆した顔)


1.熱邪犯肺→清泄肺熱・涼血止血→桑菊飲加減

  鼻血は熱じゃ〜!犯人は!(熱邪犯肺)
  性生活がハイネック(清泄肺熱)となり、両家は試験(涼血止血)ふらふら
  そう聞いてる(桑菊飲)


2.胃熱熾盛→清胃瀉火・涼血止血→玉女煎

  イネ(胃熱)は姿勢(熾盛)悪くて鼻血出たから  
  誠意(清胃)を持って、社歌(瀉火)を歌った。
  それから両家の試験は(涼血止血)たまたま女性専用(玉女煎)でした。


3.肝火上炎→清肝瀉火・涼血止血→竜胆潟肝湯加減

  鼻血のカンカン上演(肝火上炎)の為に
  生還者は(清肝瀉火)両家の試験(涼血止血)で
  リュウの単車で関東からきた車(RV)


4.気血虧虚→補気摂血→帰脾湯加減

  鼻血の議決を聞きつけ(気血虧虚)、
  保菌者(補気)に石鹸(摂血)を送ると
  気品(帰脾湯)が戻った。



posted by 135n at 10:34| 暗記・内科学

2011年02月06日

5.喘

zen.jpg

喘息=実喘+虚喘

喘息は実践(実喘)したら拒絶(虚喘)されたがく〜(落胆した顔)

実践(実喘)の内容は
風寒の集配(風寒襲肺)は表管理熱心(表寒裏熱)で
断熱材受け取りました、ハイ!(痰熱鬱肺)
でも、とんだクソ肺(痰濁阻肺)で
ハイキング鬱で痺れた(肺気鬱痺)よ〜

拒絶(虚喘)の内容は
廃業(肺虚)したジンの今日(腎虚)の様子だった。

◎実喘

1.風寒襲肺→宣肺散寒→麻黄湯加減

  全(喘)速力の風寒の集配(風寒襲肺)人は
  先輩で山間部の(宣肺散寒)魔王様(麻黄湯)手(チョキ)


2.表寒裏熱→宣肺泄熱→麻杏石甘湯加味
  
  宣肺=袪痰薬を用いて肺気を通じさせ、咳を止める方法。

  表管理に熱心(表寒裏熱)な先輩は節約熱心(宣肺泄熱)銀行
  ま〜、今日は咳してるから関東(麻杏石甘湯)行きは止めバッド(下向き矢印)

3.痰熱鬱肺→清瀉痰熱→桑白皮湯加減

  断熱材(痰熱)、受け取りました。はい!(鬱肺)
  蒼白の人には加減(桑白皮湯加減)してやって。

4.痰濁阻肺→化痰降気→二陳湯合三子養親湯加減

  とんだクソ肺!(痰濁阻肺)蹴ったんねん!好奇心(化痰降気)ばっかり!
  にーちん(兄ちゃん)と(二陳湯)合コン(合)
  三枝、よーしんと(ようしないんだと)(三子養親湯)


5.肺気鬱痺→開鬱降気平喘→五磨飲子加減

  ハイキング鬱で痺れた(肺気鬱痺)けどふらふら
  海運業の好機で平然(開鬱降気平喘)として
  ご満悦の印象(五磨飲子)わーい(嬉しい顔)
  

◎虚喘

1.肺虚→補肺益気養陰→生脈散合補肺湯加減

  廃業(肺虚)でポパイ(補肺)は駅によーいん(よういない)(益気養陰)
  静脈注射してから散歩(生脈散)
  合コン(合)はポパイ島でやるよグッド(上向き矢印)

2.腎虚→補腎納気→金匱腎気丸・参蛤散加減

  ジンは今日(腎虚)オジン(補腎)農協(納気)で
  近畿人が祈願(金匱腎気丸)する「人参ハマグリ散歩」を体験した。



posted by 135n at 17:52| 暗記・内科学

2011年02月05日

4.哮証

kou.jpg



一種の発作的に痰鳴気喘する疾患。
発作すると喉に哮鳴がして、気促して呼吸困難になり、
甚だしい場合は喘息して平臥できなくなる。


 発作期に観光するなんて熱効率悪い!(発作期・寒哮・熱哮)

 官界(緩解期)に行くのは、ハイ!美人(肺脾腎)、今日(虚)だけ黒ハート


発作期)

1.寒哮→温肺散寒・化痰平喘→射干麻黄湯

  観光客(寒哮)は
  女の子とハイタッチして(温肺)山間(散寒)に行った。
  加担者は平然(化痰平喘)と
  薬罐を魔王様(射干麻黄湯)にプレゼントした。

2.熱哮→清熱宣肺・化痰平喘→定喘湯

  熱効率(熱哮)が悪く 
  青年は先輩(清熱宣肺)に加担者になれ!と平然(化痰平喘)と言い
  丁寧に全部(定喘湯)!と付け足した。

緩解期)

1.肺虚→補肺固衛→玉屏風散

  廃業(肺虚)でポパイはこえ〜(恐い)(補肺固衛)ちっ(怒った顔)
  ギョクヘイさん!

2.脾虚→健脾化痰→六君子湯加減

  卑怯者(脾虚)は検品の加担者(健脾化痰)のりっ君!(六君子湯)

3.腎虚→補腎摂納→金匱腎気丸(温腎助陽に偏る)か七味都気丸(益腎納期に偏る)

  おじん(腎虚)は
  保養所(補腎)で切のぉ〜(切ない)(摂納)なってしまったけど
  近畿で人気ガンガン(金匱腎気丸)!
  恩人(温腎)が女装(助陽)偏ってるけどいいんだ〜黒ハート

  七味唐辛子の時にガンガン(七味都気丸)行くのは
  駅の人が納期(益腎納期)に偏ってる時なんだ〜がく〜(落胆した顔)



posted by 135n at 18:16| 暗記・内科学

2.咳嗽

gaiso.jpg

ひらめき咳嗽でまず辨証すべきは外感と内傷

 外装工事(咳嗽)の弁償(辨証)は、
 まず外観(外感)を内緒(内傷)にすることキスマーク

外感)

1.風寒襲肺→疏風散寒・宣肺止咳→三拗湯・止嗽散加減

  風間君の集配(風寒襲肺)業務の件だけど
  祖父の参観日(疏風散寒)に先輩が紫外線(宣肺止咳)を浴びて
  山陽道(三拗湯)を疾走さ〜(止嗽散)車(セダン)

2.風熱犯肺→疏風清熱・宣肺化痰→桑菊飲加減

  ムード夫婦熱愛を反対され(風熱犯肺)
  ソフトバンク青年(疏風清熱)は先輩を蹴った(宣肺化痰)
  そう聞いてる(桑菊飲)よ〜がく〜(落胆した顔)

3.風燥傷肺→疏風清肺・潤燥止咳→桑杏湯加減

  風葬の勝敗(風燥傷肺)だけど、
  祖父の聖杯(疏風清肺)は殉葬された死骸(潤燥止咳)と共に埋められた。
  創業当時(桑杏湯)の事だ。

内傷)

1.痰湿蘊肺→健脾燥湿・化痰止咳→二陳湯・三子養親湯加減

  タン塩好きの女の子の肺(痰湿蘊肺)は
  検品の喪失感(健脾燥湿)で一杯がく〜(落胆した顔)
  加担者が滋賀医大(化痰止咳)にいて
  日夜(二陳湯)三枝さんが養子(三子養親湯)にきてくれへんかな〜と妄想。

2.痰熱鬱肺→清熱化痰肅肺→清金化痰湯加減

  断熱材で鬱は(痰熱鬱肺)
  青年加担者に祝杯(清熱化痰肅肺)を揚げ
  税金課担当者(清金化痰湯)になった。

3.肝火犯肺→清肺平肝・順気降火→加減瀉白散合黛蛤散

  感覚販売(肝火犯肺)で
  成敗したら閉館(清肺平肝)、純金の硬貨(順気硬貨)で
  加減したらしゃーく(しばく)で!(加減瀉白散)合わせて、タイ語で散歩やー

4.肺陰虧耗→滋陰潤肺・止咳化痰→沙参麦門冬湯加減

  ハイキングはキモイ(肺陰虧耗)がく〜(落胆した顔)
  ジイは巡拝(滋陰潤肺)で死骸を蹴ってしまい(止咳化痰)
  シャ人は学問等頑張ってる。





posted by 135n at 17:17| 暗記・内科学

1.感冒

kanbo.jpg

感冒

官房長官が感熱紙を使ってたら、巨人がキィーンと風邪引いた台風
(感冒・寒・熱・湿・虚人感冒・気・陰)

寒いから(風寒)新大阪でゲヒョウー(辛温解表)
ケイ坊は敗毒散(荊防排毒散)を飲んた喫茶店

熱銀(風熱・銀翹散)は診療所でゲヒョー(辛涼解表)

女子付きの官房長官(暑湿感冒)は聖書を教室に忘れてゲヒョウー(清暑祛湿解表)
でも、新幹線は好循環(新加香薷飲)グッド(上向き矢印)

ご隠居さん(陰虚感冒)は寺院でゲヒョー(滋陰解表)
どうもお加減が悪く、伊豆か伊東で風邪引いたみたい(加減葳蕤湯)

帰郷(気虚)して駅でゲヒョウー(益気解表)
でも、迅速に治った。(参蘇飲)

posted by 135n at 16:22| 暗記・内科学

2010年04月22日

頭痛

頭痛は臨床でよく見られる自覚症状で
単独で出現する事もあれば、
多くの急性慢性疾病の過程で出現する。
ここでの頭痛は内科雑病範囲内で頭痛を主症状とするもの。

<病因病理> 
外感と内傷の2つに大きく分けられる。

<弁証論治>

(1)外感(感染症など外因性の疾患)

1.風寒頭痛
2.風熱頭痛
3.風湿頭痛

(2)内傷

1.肝陽頭痛
2.腎虚頭痛
3.血虚頭痛
4.お血頭痛

暗記

風寒・風熱・風湿 → 風+寒熱湿
肝陽・腎虚・血虚・お血 





posted by 135n at 10:37| 暗記・内科学

2009年05月29日

寒湿困脾

寒湿の邪が裏に入り、中焦の陽気を困阻して昇降を失調させた状態。
納涼・生冷物の過食・雨に濡れる・水遊びする・湿気の多い場所での居住・湿盛の体質などで発生。

ふらふら症状
脘腹脹悶(胃もたれ・胃が止まってる感じ)、食欲不振、吐き気、不渇、腹痛、下痢、頭痛頭重、むくみ、苔白膩、脈濡緩

治法:温中化湿

方剤:胃苓湯、かっ香正気散

ハト麦入り鶏スープ
丁子入り小豆粥
二豆鶏肉粥

posted by 135n at 16:45| 暗記・内科学

2009年04月22日

水腫(陰水)

<陰水>

1)
脾陽虚衰→温運脾陽、以利水湿→乾姜、人参、小豆

2)
腎気衰微→温腎助陽、化気行水→海老、トウモロコシ

暗記

1)
費用拒絶(脾陽虚衰)でがく〜(落胆した顔)
女(温)の運送費用(運脾陽)が要り(以利)
水質(水湿)環境(乾姜)の為に
小豆人参を食べた。

2)
人気衰微(腎気衰微)バッド(下向き矢印)で恩人(温腎)の女優(助陽)は
牡蠣雑炊(→かきぎょうすい化気行水)に
海老モロコシ(海老、トウモロコシ)を入れて食べてた。

posted by 135n at 11:01| 暗記・内科学

水腫(陽水)

<陽水>

1)
風水氾濫→散風清熱、宣肺行水→菊花、ヨクイニン、陳皮

2)
湿毒浸淫→宣肺解毒、利湿消腫→菊花、ヨクイニン、生姜、冬瓜

3)
水湿浸漬→健脾化湿、通陽利水→ヨクイニン、昆布、桂枝

4)
湿熱壅盛→分利湿熱→ヨクイニン、小豆

暗記

1)
風水氾濫雨台風したサンフ(散風)ランシスコで
青年(清熱)は
先輩(宣肺)の餃子(ぎょうざ→ぎょうすい行水)を
菊ちゃん(菊花)とチンピラ(陳皮)を連れて
よく(ヨクイニン)食べに行った。

2)
湿度(湿毒)が嫌で
独身(毒浸)はインド(浸淫)の先輩(宣肺)を解毒し
利子通(利湿)の商習慣(消腫)に従って
小学生(生姜)のかわいい菊ちゃんと
よく(ヨクイニン)東岸(冬瓜)へ行った車(セダン)

3)
たらーっ(汗)水質(水湿)検査をやってる親戚(浸漬)は
県費(健脾)を貸し付けて(化湿)もらい
通常(通陽)理数系(利水)に行くのに
昆布系(昆布・桂枝)によく(ヨクイニン)行った。

4)
実はね、養成所(湿熱壅盛)の分室(分利湿熱)で
小豆をよく(ヨクイニン)食べてた。
posted by 135n at 10:59| 暗記・内科学

水腫(すいしゅ)

体内に水液が溜まったり、肌膚に氾濫したりして、
眼瞼・顔面・四肢・腹背甚だしければ全身に浮腫が現れ、
重篤な場合はさらに胸水や腹水を伴う病症。

陽水

1)風水氾濫
→散風清熱、宣肺行水
→越脾加朮湯・防已黄耆湯
→菊花、ヨクイニン、陳皮

2)湿毒浸淫
→宣肺解毒、利湿消腫
→麻黄連翹赤小豆湯合五味消毒飲
→菊花、ヨクイニン、生姜、冬瓜

3)水湿浸漬
→健脾化湿、通陽利水
→五皮飲合胃苓湯
→ヨクイニン、昆布、桂枝

4)湿熱壅盛
→分利湿熱
→疏鑿飲子・已椒癧黄丸・五皮散・五苓散・ていれき大棗瀉肺湯・猪苓湯
→ヨクイニン、小豆

上と表面、寒くない→発汗させる。(寒涼性食物)
急激に発展
押してもすぐ戻る
熱証を伴う
上半身

陰水

1)脾陽虚衰
→温運脾陽、以利水湿
→実脾飲・参苓白朮散
→乾姜、人参、小豆

2)腎気衰微
→温腎助陽、化気行水
済生腎気丸合真武湯  *済生腎気丸=牛車腎気丸
→海老、トウモロコシ



下と中
陽が足りない→寒い・冷え→温性食物
利尿さす
慢性的に初暴
押しても戻りにくい
畏寒有り
下半身

----------------------
暗記

<陽水>発汗さす

(風水氾濫)風水氾濫に懲りて
(湿毒浸淫)湿度(湿毒)嫌いの独身(毒浸)がインド(浸淫)で
(水湿浸漬)水質(水湿)検査をやってる親戚(浸漬)を訪ね
(湿熱壅盛)「実はね、養成所(湿熱壅盛)が
8ヶ月(発汗)で急激に発展グッド(上向き矢印)

<陰水>利尿さす

費用拒絶(脾陽虚衰)がく〜(落胆した顔)
人気衰微(腎気衰微)バッド(下向き矢印)だから
リニューアル(利尿)させて!

posted by 135n at 10:47| 暗記・内科学

便秘(冷秘)

便秘

冷秘:あまり無いケース

渋くて中々出ないふらふら
小便清長バッド(下向き矢印)
面色はつやのない白色
四肢不温雪
腹中冷痛
舌淡苔白
脈沈遅

→温陽通便

→済川煎加肉桂、半硫丸

→ラッキョ・ニラ・羊肉
posted by 135n at 08:44| 暗記・内科学

便秘(血虚秘)

便秘

血虚秘

面色無華バッド(下向き矢印)
眩暈目弦台風
心悸揺れるハート
唇舌淡
脈細渋

→養血潤腸

→潤腸丸・五仁丸

→アーモンド・レバー・ホウレン草
posted by 135n at 08:42| 暗記・内科学

便秘(気虚秘)

便秘

気虚秘: 時々有る。日本人に多い。→中国人には少ないのか?
便意は有るが力が無くて出せない。
力を入れると汗がでて息切れする。
便は乾燥もなく固くない。
顔色つや無く白い。
舌淡どん・苔薄
脈虚

→益気潤腸 (中国ではお湯にハチミツを溶いて飲む)

→黄耆湯・補中益気湯

→ジャガ芋・大豆・鶏肉
posted by 135n at 08:40| 暗記・内科学

便秘(気秘)

便秘

気秘(きひ)

便意が有るが排便できないふらふら
頻繁にゲップする
胸脇痞満
食欲不振もうやだ〜(悲しい顔)
苔薄膩満月
脈弦
精神状態によってもなるー(長音記号1)

→順気行滞

→六磨湯(りくまとう)・加味逍遙散

→陳皮・ホウレン草・蕎麦
posted by 135n at 08:38| 暗記・内科学

便秘(熱秘)

便秘

熱秘:よくあるタイプ

乾燥して固い便
小便短赤どんっ(衝撃)
面紅身熱ちっ(怒った顔)
腹脹腹痛
口乾口臭
舌紅苔黄膩或いは黄燥
脈滑数

→清熱潤腸

麻子仁丸(便秘の常用薬)・更衣丸

→バナナ・茄子
posted by 135n at 08:36| 暗記・内科学

便秘

5タイプ

1.熱秘→清熱潤腸→バナナ・茄子
2.気秘→順気行滞→陳皮・ホウレン草・蕎麦
3.気虚秘→益気潤腸→ジャガ芋・大豆・鶏肉
4.血虚秘→養血潤腸→アーモンド・レバー・ホウレン草
5.冷秘→温陽通便→ラッキョ・ニラ・羊肉


暗記

1.
ネッピー(熱秘)青年(清熱)団はトイレ
順調(潤腸)にバナナス・バスバスに乗った。

2.
気品(気秘)ぴかぴか(新しい)ある殉教者が交替(順気行滞)で
「チンピ入りホウレン草・蕎麦」喫茶店を食べた。

3.
企業秘密(気虚秘)だけど ー(長音記号1)
新幹線駅(益気)が順調(潤腸)なのは手(チョキ)
レストラン「ジャガ鶏豆(ジャガ芋・鶏肉・大豆)」を食べてるからレストラン

4.
結局(血虚秘)、用件は(養血)順調(潤腸)に
「アーモンドをトッピングホウレン草レバー炒め」レストラン
が食べれるか?てこと。

5.
お礼の費用(冷秘)はキスマーク女(温)腰痛(陽通)弁当(便)で
「ニラ・ラッキョの羊肉炒め」レストラン
posted by 135n at 08:32| 暗記・内科学

2009年04月15日

消渇(陰陽両虚)

暗記

下消:陰陽両虚

→頻尿、顔色黄黒色、インポテンツ、舌淡、苔白、脈沈細無力
→温陽滋腎、固摂
腎気丸

引用が両極端(陰陽両虚)で
猫タイガーズカラー(顔色が黄黒)の
インポテンツの温陽じじい(滋腎)が
失恋骨折(固摂)して
ニラと山柿(山芋・牡蠣)を食べ、腎気丸飲んだ。

牡蠣:滋陰補血、安神
山芋:補気健脾、滋陰潤肺、和胃調中
ニラ:補陽・活血化お
posted by 135n at 11:47| 暗記・内科学

消渇(腎陰虧虚)

暗記

下消 :腎陰虧虚(じんいんききょ)

→多尿、尿甘い、白濁、口唇乾燥、眩暈、のぼせ、五心煩熱、舌紅、脈沈細数
→滋陰固腎
六味地黄丸

晴れ全員(→人員→腎陰)起きて(起居→虧虚)、
甘く白く濁ったおしっこをしたバッド(下向き矢印)
それから 個人(固腎)の寺院(滋陰)へ行き、
満月満月満月満月満月満月6個(六味地黄丸)の
山柿(山芋・牡蠣)を食べた。

牡蠣:滋陰補血、安神
山芋:補気健脾、滋陰潤肺、和胃調中
posted by 135n at 11:43| 暗記・内科学

消渇(胃熱熾盛)

暗記

中消 :胃熱熾盛(いねつしせい)

→多食善飢、身体消痩、便秘、舌紅、苔黄乾燥、滑脈数有力
→清(胃)熱瀉火・養陰生津
→玉女煎

二人の女、稲キスマークキスマークと玉が登場する話
稲(胃熱)、姿勢(熾盛)悪いexclamation
よう食べる(多食)のにレストランレストランレストラン
痩せて便秘どんっ(衝撃)するから
誠意(清胃)を持って
ネッシャカ(熱瀉火)精神病院(生津養陰)病院へ行け!と
お玉が煎じた(玉女煎)味噌汁が
キャベ・ギン・カキ(キャベツ・銀耳・牡蠣)だった。ひらめき

キャベツ:健胃性熱
白木耳:滋陰潤肺、生津
牡蠣:滋陰補血、安神
posted by 135n at 11:40| 暗記・内科学

消渇(肺熱津傷)

暗記

上消 :肺熱津傷(はいねつしんしょう)

→多食善飢、身体消痩、便秘、舌紅、苔黄乾燥、滑脈数有力
→清熱潤肺・生津止渇
→消渇方、二冬湯

ハイネケン(肺熱)の新商品(津傷)ビール
たらーっ(汗)清熱潤肺したけど
黒ハート精神(生津)的に死活(止渇)問題ふらふら
しょうがないから(消渇方)
雪冬に2回お湯(二冬湯)いい気分(温泉)いい気分(温泉)に入って
湯上がりに「バナナ蜂蜜レモン」食べたキスマーク

バナナ:清熱潤肺
蜂蜜:潤肺止咳
レモン:生津止渇、清熱解暑
posted by 135n at 11:36| 暗記・内科学

不眠(心胆気虚)

暗記

心胆気虚(しんたんききょ)

→鬱の人多い・ビクビク・不眠多夢・驚いて目が覚めやすい・胆怯心悸・気短倦怠・小便清長・舌淡・脈弦細
→益気鎮驚・安神定志
→安神定志丸・酸棗仁湯・琥珀多寝丸
→牡蠣のワイン蒸し

「寝室の琥珀が盗まれる」と
ビクビクしてるシンチャン(心胆)の話

ビクビクの心ちゃん(心胆)は鬱状態バッド(下向き矢印)
それで駅(益気)で驚きを沈めて(鎮驚)
安全(安神)に停止(定志)したら新幹線
猫山荘の人が(酸棗仁湯)が
「琥珀を確かめてから寝る(琥珀多寝丸)眠い(睡眠)」というので
わーい(嬉しい顔)安心(安神)して定食(定志丸)の
「牡蠣のワイン蒸し」を食べたぴかぴか(新しい)

牡蠣:滋陰補血、安神
白ワイン:安神、健脾理気
posted by 135n at 11:27| 暗記・内科学

不眠(心脾両虚)

暗記

心脾両虚(しんぴりょうきょ)

→眠り浅く多夢・心悸健忘・頭暈目弦・肢倦神疲・食欲無味・面色少華・舌淡苔薄・脈細弱
→ 補養心脾・以生気血
帰脾湯・養心湯
→マグロの山かけ


神秘的な両親(心脾両虚)トイレは不眠で多夢眠い(睡眠)
それで病院保養所(補養)で
神秘的な(心脾)黒ハート異性(以生)に
気をつける(気血)ように!
帰脾湯と「マグロの山かけ」を食べた。

マグロ:補気補血
山芋:補気健脾・滋陰潤肺・和胃調中
posted by 135n at 11:22| 暗記・内科学

不眠(陰虚火旺)

暗記

陰虚火旺(いんきょかおう)

→不安、ドキドキ 、心煩不眠・心悸不安・眩暈・耳鳴り・健忘・夢精・五心煩熱・口乾津少・舌紅・脈細数
→滋陰降火・以生気血
→黄連阿膠湯・朱砂安神丸
→アサリうどん

お寺で両親の暗殺計画をご隠居さんに見られてドキドキ揺れるハート

ご隠居さんの顔(陰虚火旺)を見たけど がく〜(落胆した顔)
寺院(滋陰)効果(降火)で
トイレ両親(養心)を安心(安神)させ
どんっ(衝撃)水銀(朱砂安神丸)入りの
「浅蜊ウドン」を食べさせた。

アサリ:清熱瀉火・安神・滋陰
小麦:養心安神・清熱止渇
posted by 135n at 11:16| 暗記・内科学

不眠(痰熱内擾)

暗記

痰熱内擾(たんねつないじょう)

→食べ過ぎ
→頭重い・痰多胸悶・ゲップ・呑酸悪心・心煩口苦・目弦・苔膩黄、脈滑数
→化痰清熱、和中安神
→温胆湯(うんたんとう)
→山かけとろろ昆布ウドン

単年度(痰熱)の内情(内擾)は
「食べ過ぎ」であることを
桁外れ(化痰)の精神で熱っぽく(清熱)語って
話題の中心(和中)になり、安心(安神)して
う〜んと(温胆湯)
「山かけとろろ昆布ウドン」を食べた。

山芋:和胃調中
トロロ昆布:清熱化痰
小麦:養心安神、清熱止渇
posted by 135n at 11:10| 暗記・内科学

不眠(肝熱化火)

暗記

肝欝化火(かんうつかか)

長期のストレス・いきなりのショック
→易怒・食欲不振・口渇・目赤口苦・小便赤短・大便秘結・舌紅苔黄・脈弦数
→疏肝瀉熱、佐以安神
竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
→穴子の卵とじウドン

ちっ(怒った顔)肝欝のカカア(化火)は
長期のストレスといきなりんショック爆弾
「そがん(疏肝)、熱っぽく(熱)しゃ(瀉)べらんといて」
と言い
黒ハート最愛の(佐以安神)竜胆のオッサンドコモポイント(竜胆瀉肝湯)に
「穴子の卵とじウドン」を食べさせたムード

穴子:平肝、補気補血
卵:滋陰潤燥、補血
小麦:養心安神、清熱止渇
posted by 135n at 11:04| 暗記・内科学

不眠

暗記

不眠5タイプ

肝鬱化火 (かんうつかか)
痰熱内擾 (たんねつないじょう)
陰虚火旺 (いんきょかおう)
心脾両虚 (しんぴりょうきょ)
心胆気虚 (しんたんききょ)

ちっ(怒った顔)肝鬱のカカア(化火)が 爆弾
どんっ(衝撃)単年度(痰熱)の内情(内擾)を知って、
ご隠居さん(陰虚)の顔(火旺)を思い浮かべ、
神秘的な両親(心脾両虚)は
シンチャン(心胆)びくびくの気虚(気虚)だったと思った。
posted by 135n at 10:57| 暗記・内科学

消渇(糖尿病に相当)

暗記

消渇4タイプ

・上消・・・肺熱津傷 (はいねつしんしょう)

・中焦・・・胃熱熾盛 (いねつしせい)

・下消・・・腎陰虧虚 (じんいんききょ)
    ・・・陰陽両虚 (いんようりょうきょ)

ハイネケン(肺熱)の新商品(津傷)を飲みながらビール
目稲って(胃熱)姿勢が悪い(熾盛)な〜 バッド(下向き矢印)
全員(→人員→腎陰)、起きてて(→起居→虧虚)グッド(上向き矢印)
本引用(陰陽)が両極端(両虚)と思ったがく〜(落胆した顔)
posted by 135n at 10:53| 暗記・内科学