2016年11月20日

2016年12月 胃痛

2016年最後の料理教室は「胃痛」がテーマです。

現在、HPの更新が出来ずふらふら
リアルタイムの予約状況の表示が出来ませんが、11/19現在の残席は↓
12/15(木)1名(P無)
12/16(金)2名(P2有)

中医学では痛みは気血の流れが滞る事により起こると考えます。
胃痛も胃の部分の気血の流れが阻害されて起こる訳です。

胃部の気血の流れを悪くする原因としては、
・寒さや冷たさによるもの
・飲食の不摂生
・肝機能の乱れ
・脾胃の機能の乱れなど
があります。

薬による治療には厳密な弁証が必要になりますが
家庭で作るお料理は以下の4タイプで〜
・寒証
・熱証
・気滞血瘀証
・食滞証


料理としては
〇やわらかくて温かい粥
〇食物繊維の少なく消化しやすい料理
〇便通をよくする
×生もの・冷たいもの
×脂っこいもの・塩辛いもの・辛いもの

と言う事で、汁っぽいものが多くなってます。

2かぶら蒸し.jpg
かぶら蒸し(タイプにより、具材を変え、ワサビも無しで〜)

3鶏ニラ胡桃粥.jpg
鶏ニラのお粥

4大根蕎麦.jpg
大根蕎麦

5山査子リンゴ.jpg
リンゴの山査子煮

その他、薬膳茶など喫茶店

お問合せ・予約をお待ちしております。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

目 お知らせ

来年前半は「中医美容学」の勉強のため、
料理教室はお休みさせて頂きます。
どうぞ、年内の料理教室にお越し下さいませ。



芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)



12月は--------------------------------

大雪(12/7頃)
木枯らしが吹き始め降雪も多くなる頃。

冬至(12/22頃)
1年中で一番夜の長い日。
この日から日が伸び始めることから、
古くはこの日を年の始点と考えられた。
冬至南瓜やゆず湯の慣習が残る日。 
 
冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります。
posted by 135n at 16:42| 献立

2016年10月30日

2016年11月 咳嗽

20161030銀杏粥.jpg 
銀杏と百合根のお粥

2016年11月の料理教室は咳嗽がテーマです。

残席は↓でご確認ください。
2016年11/9(水)〜11/12(土)
20161030春菊ソース.jpg
根菜とアサリの春菊ソース

咳の病因は大きく分けて2つ。

@外感六淫:風邪+(寒邪・熱邪・燥邪)
A内邪犯肺:ストレス、飲食不節、慢性病や身体の衰え

20161030クラゲ大根.jpg
クラゲと大根のサラダ

弁証による分類
・外感咳嗽(風寒・風熱・風燥)
・内傷咳嗽(痰湿蘊肺・痰熱鬱肺・肝火犯肺・肺陰虧耗)

20161030杏仁豆腐柿ソース.jpg
杏仁豆腐(症状により柿ソース or 生姜シロップ or ハチミツ) 写真は柿ソース

難しい言葉が並んでしまいましたが 
レッスンでは分かりやすい言葉でご説明いたします。

お問合せ・予約をお待ちしております。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

目 お知らせ

来年前半は「中医美容学」の勉強のため、
料理教室はお休みさせて頂きます。
どうぞ、年内の料理教室にお越し下さいませ。



芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

11月は--------------------------------------

立冬(11/8頃)
日は短くなり、時雨が降る季節。
北国や高山には初雪。関東では空っ風が吹く頃。

小雪(11/22頃)
日差しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。
平地にも初雪が舞い始める頃。
--------------------------------------------- 


冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります ぴかぴか(新しい)

posted by 135n at 20:59| 献立

2016年09月27日

2016年10月 消渇(糖尿病を含む)

2016年10月の料理教室は消渇がテーマです。

残席は↓でご確認ください。
2016年10/19(水)〜10/22(土)

20160925雪菜山薬 040.jpg

消渇とは
多飲・多食・多尿・身体消痩、或いは
尿に甘味があること等を特徴とする病症。

西洋医学の関連疾患:糖尿病、尿崩症

病因
@飲食の不摂生(過食、脂っこいもの・過度の飲酒)
A情志の失調(鬱・怒り・憂慮・思慮過度)
B陰虚体質・過労・節度のない性生活

20160926舞茸イカタコ.jpg

病機(メカニズム)
@基本病機:陰虚を本とし、壮熱を標とする。
A病位:肺・脾・胃・腎(特に腎と密接な関係がある)

伝変:消渇が長引くと
@ 陰虚→陰陽両虚
A 病久入絡→血脈瘀阻

20160925芡実お粥.jpg

合併症:
肺癆(肺結核)、癰疽(悪性の腫れ物)、白内障、雀盲(鳥目、夜盲症)、
水腫、中風(脳血管障害の後遺症の半身不随、片麻痺、言語障害、しびれ等)など。

治療原則
@基本原則:清熱潤燥・養陰生津
A具体治則:上消(肺熱)・中消(胃熱)・下消(腎陰虚・陰陽両虚)を分けて治療

20160927デザート6種類 026.jpg

お薦め食材:山芋、冬瓜、竜眼肉、葛根、枸杞子など

お問合せ・予約をお待ちしております。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

目 お知らせ

来年前半は「中医美容学」の勉強のため、
料理教室はお休みさせて頂きます。
どうぞ、年内の料理教室にお越し下さいませ。



芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
立秋(8/8頃)〜立冬(11/8頃)までが秋。

秋の養生としては

・乾燥を防ぐ(口渇、空咳、肌が乾燥する、便秘しやすい

・冷えに注意
  (夏の汗→人体は水分不足→そこに冷気→頭痛・鼻づまり
    ・胃痛・関節痛、慢性病の再発・新たな病気を誘発)

・基礎体力を養う
  (夏ばて→秋に風邪などひかぬように注意!)















posted by 135n at 19:51| 献立

2016年08月13日

2016年9月 便秘

2016年9月の料理教室は便秘がテーマです。

2016年 9/7(水)〜9/10(土)

20160813羅漢果ジュース.jpg
ウエルカム・ドリンク:羅漢果ジュース

便秘は誰でも一度はなったことがあると思いますので
普段、便秘しない人でも知ってて損はないと思います。

20160813無花果ワイン漬け.jpg
無花果のワイン漬け

便秘は5タイプありますので、体質に応じた食事を摂ることが大事です。

・熱秘(ねつひ)
 ー身体が熱いタイプ。
  暑がり。顔が赤い。口が渇いて、口臭がある。
  便が乾燥してて硬い。

・気秘(きひ)
 ーストレス・タイプ。
  便意があるが、排便できず、おならやゲップが多い、
  排便後すっきりしない、女性に多い。
  便秘と下痢の交互が多い。
  
20160813ピーマンチーズ.jpg
チーズ入りピーマン

・気虚秘(ききょひ)
 ー元気の無いタイプ。
  便は硬くない、便意有るが力めない、疲れやすい。

・血虚秘(けっきょひ)
 ー血の足りないタイプ。
  便は硬い、顔色にツヤ無い、眩暈、かすみ目、動悸などがある。

・冷秘(れいひ)
 ー冷え性タイプ。
  便が出にくい、手足が冷える、寒がり。

20160813ヒヨコ豆カレー.jpg
ヒヨコ豆のカレー&雑穀ご飯


お問合せ・予約をお待ちしております。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

20160813アボカドジュース.jpg
アボカド・ジュース

芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
立秋(8/8頃)〜立冬(11/8頃)までが秋。

秋の養生としては

・乾燥を防ぐ(口渇、空咳、肌が乾燥する、便秘しやすい

・冷えに注意
  (夏の汗→人体は水分不足→そこに冷気→頭痛・鼻づまり
    ・胃痛・関節痛、慢性病の再発・新たな病気を誘発)

・基礎体力を養う
  (夏ばて→秋に風邪などひかぬように注意!)







posted by 135n at 17:47| 献立

2016年06月26日

2016年7月の料理教室「不眠」


<空席状況>  6/26現在

・7/13(水)11時 残1名 P1台有り
・7/15(金)11時 残2名 P1台有り
・7/16(土)11時 残3名 P2台有り   
 予約・問合せ

今回の料理教室のテーマは「不眠」です。

不眠と言っても色々なタイプがあり、大きく分けて2種類あります。
・実証タイプ(肝火上炎・痰熱内擾)
・虚証タイプ(陰虚火旺・心脾両虚・心胆気虚)

<実証>
@肝火上炎証
  寝付けない、頭痛、眩暈、耳鳴り、イライラ、怒りやすい等
A痰熱内擾証
  眠りが浅い、多夢、よく目覚める、眩暈、胸がつかえる、ゲップ、吐き気など

<虚証>
@陰虚火旺証
  イライラ、動悸、不安、寝付きが悪い、めまい、耳鳴り、健忘、腰がだるい等
A心脾両虚証
  夢が多い、夜中に目覚める、顔に艶がない、動悸、健忘、眩暈、疲れ、食欲不振など
B心胆気虚証
  動悸がして眠れない、夢が多い、緊張、不安、驚きやすい等


この中では、心脾両虚の不眠の人が多いような気がします。
(私の周りだけ?)

たいがい、おとなしい方で「不眠はありません。」と仰るのですが
「夢が多くないですか?」と訊くと
「多いです!」と仰います。

「夢が多い」も不眠の一種です。
このタイプは気血不足、つまりパワー不足。
悩みすぎ・考えすぎ・クヨクヨと心配するタイプの方に多いです。

不眠の反対もあります。
〜〜〜〜〜〜〜
多寐(嗜眠証)
 @湿阻:胸がつかえる・食欲不振・身体が重い・舌苔が白い
 A脾虚:食後だるく眠い
 B陽虚:(病後や年配者)+疲れやすい・食欲不振・汗をかきやすい・冷える
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どういうタイプの不眠があるのか、
そして、どういう食材に効果が期待出来るのか?
ご関心のある方、お待ちしてます。

7kikuhabu.jpg
菊花入りハブ茶

セロリ百合根.jpg
セロリと百合根の炒め

クチナシスパ.jpg
クチナシとアサリのパスタ

砂肝大根オクラ.jpg
砂肝・オクラ・大根のサラダ

龍眼紅茶ゼリー 033.jpg
龍眼入り紅茶ゼリー

簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎です。
予約をお待ちしております。 →予約状況

NPO法人全日本薬膳食医情報協会・認定校
芦屋薬膳 
西野久子
国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)

アクセス:JR大阪駅より約30分
電車JR大阪駅→JR新快速13分→JR芦屋駅→バス7分→徒歩1分
         (JR芦屋駅より:徒歩約18分、タクシーはギリギリ基本料金)
車(セダン)駐車場:2台分有り(先着順)

薬膳認定試験受験対策講座
料理教室
献立監修・他









posted by 135n at 10:06| 献立

2016年05月31日

2016年6月 むくみ

6/15(水)〜18(土) 

空席状況(5/31現在)
 6/15(水) 11時  1名 P無し
 6/16(木) 11時  2名 P1台有り
 6/17(金) 11時  4名 P2台有り
 6/18(土) 11時  2名 P1台有り
---------------------------------------

芒種(6/5):芒のある穀物の種蒔きをする頃。西日本では梅雨に入る頃。
夏至(6/21):一年中で一番昼が長い時期。日本の大部分は梅雨の時期。

---------------------------------------
梅雨の季節が近づいてきました 雨
と同時に、むくみが気になる方も多いのではないでしょうか?

6月のテーマは「むくみ」です。

むくみにも色々なタイプがあります。

多いのは〜
口当たりの良い冷たい物・甘い物をよく食べてる!!お嬢様達の隠れたむくみがく〜(落胆した顔)
夕方になると足がむくんで靴が入りにくい方
ソックスを脱いだら跡がいつまでも残ってる方
普段からトイレの回数の少ない方
顔色が黄色い方
疲労感のある方
身体が重い、だるい方
或いは、冷えや腰痛もある方等々

気になる方、お待ちしてますよ〜わーい(嬉しい顔)

初めての方はチェックシートで体質チェックしましょう手(パー)

お料理は簡単なものばかりです。

20160531鯖韮海老.jpg 海老ニラ鯖

20160531シナモン鶏.jpg シナモン鶏

20160531トウモロコシ粥 029.jpg トウモロコシ粥

20160531抹茶葛餅.jpg 抹茶の葛餅



初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室  芦屋薬膳

〜〜〜〜〜〜〜〜
晴れ 受講生募集中
薬膳認定試験(アドバイザー、インストラクター、国際薬膳調理師)受験対策講座


晴れ 6/3(金)~6/5(日) 食べるだけの薬膳イベント
第14回 薬膳イタリアン「体質別薬膳」   
ご予約はディアモ・クッチーナ  Tel:0798-72-0056








posted by 135n at 16:20| 献立

2016年04月03日

2016月4月 体質分類

清明(4/5頃) 桜や草木に花が咲き始め、万物が清らかで明るい気が溢れて来る。
穀雨(4/20頃) 春の終わり。春雨が多くなり、穀物の種蒔きと成長の好期。

1wakatake.jpg
2016年4月のテーマは「体質分類」

良好な体質:
体型が適中・体力は強壮/顔色がよく/反応がすばやい/食欲は正常/睡眠が良好/
大便・小便が順調/舌色淡紅・舌辺円滑・舌下血管怒張なし・舌苔薄白/脈象平
2tako.jpg
不良な体質:
陰虚、陽虚、気虚、気鬱、血虚、痰湿、陽盛、血瘀などの種類がある。

不良体質の症状は
冷え、ほてり、疲労、貧血、イライラ、血行不良、むくみ、暑がり、他
zenmai2.jpg
上記に当てはまるところが有りますでしょうか?
他にも色々な症状がありますので、気になる症状が有る方は
レッスン当日の体質チェックで確認してみましょう〜☆

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

空席状況(4/3現在)
・4/16(土)11時 残3名 P1台   最新の空席状況
4yomogi.jpg
芦屋薬膳 料理教室






posted by 135n at 11:54| 献立

2016年03月04日

2016年3月 肥満

若布モヤシ.jpg

2016年 3/16(水)〜3/19(土)

「肥満の薬膳」は3回目です。  
前回は2015年9月

肥満と言っても〜、、、
色々タイプがありますが
どのタイプでしょうか?
ピーマン佃煮楓.png
肥満で
・顔が赤い、食欲旺盛、便秘など
・体が重い感じ
・疲れやすい、息切れ
・むくみ
・イライラ

甘酒寒天 016.JPG
肥満は大きく分けて2タイプに分類されます。目 目 

 @ 脂肪太り: 筋肉質でがっちりした感じ → 便秘やのぼせ どんっ(衝撃)
 A 水太り: 色白で、むくみや多汗がみられる → 胃腸が弱い ふらふら

その他に、ストレス→イライラ→やけ食い ちっ(怒った顔)
また、そのストレスが長期化した肥満歴の長いタイプ がく〜(落胆した顔)

甘酒寒天 038.JPG
それぞれのタイプによって対処法が違いますので
ご興味の有る方は是非、お越し下さいませ。

甘酒寒天 015.JPG
献立
・モヤシと若布の胡麻和え
・ピーマンの佃煮風
・粕汁
・黒豆ジャコご飯
・甘酒寒天
・よもぎ茶

空席状況(3/4現在)

・3/16(水)11時 残1名 P無し
・3/19(土)11時 残2名 P1台   最新の空席状況
 
簡単なお料理ばかりです。
初心者歓迎 黒ハート
お気軽にお問合せ下さい。

芦屋薬膳料理教室


  同業の薬膳師の方はご遠慮願います。
  薬膳の勉強中の方はその旨お知らせ下さい。 



黒ハートその他のご案内

初級(薬膳アドバイザー)認定試験:受験対策講座 神戸三宮教室

「第13回 薬膳イタリアン」2016年3/11(金)〜13(日)

芦屋薬膳  問合せ

ashiyayakuzen.jpg






posted by 135n at 17:16| 献立

2016年02月07日

2016年2月 花粉症

2016年2月の料理教室「花粉症」

●2/4現在の空席:2/17(水)11時 2名(P1有り) 

●花粉症でお悩みの方、多いと思います。

発病期は外因として
外邪(風寒・風熱)・アレルゲンによる感冒の症状ですが、
そのバックには内因としての肺気虚・衛表不固・脾腎虚弱があります。
発症期以外の季節、日頃からの養生が大事です。

辛味の食材で邪気を発散させつつ
それぞれの体質に応じて
温肺、益気、健脾利水、補肺、補脾、補陽、温腎等が必要です。


1白菜春菊.jpg
・春菊と白菜の辛味和え

2海老牛蒡.JPG
・海老・牛蒡・サツマイモのサクサク焼き

3蓮子蓮根山芋粥.jpg
・蓮根・蓮子・山芋・ハトムギ・トウモロコシ・枝豆のお粥

4柚子パン.jpg
・柚子のカナッペ
・姜糖蘇葉茶
・甜茶

簡単なお料理ばかりです。手(チョキ)

初心者歓迎 お気軽にお問合せ下さい。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

予約をお待ちしております。 →予約状況


来月の料理教室 は「肥満(ダイエット)」 3/16(水)〜19(土)です。

芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)








posted by 135n at 21:19| 献立

2016年01月18日

2016年1月 アンチエイジング(老化予防)

1月の料理教室は「アンチエイジング(老化予防)」がテーマです。

2015年 1/20(水)21(木)22(金)23(土) 

1/18現在の空席: 
1/20(水)11時 1名(P1有り)
1/21(木)11時 1名(P1有り)
1/23(土)11時 2名(P1有り)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

老化について中医学の認識
 @腎虚
 A腎虚による五臓虚衰、機能失調

・腎虚:骨がもろくなる、歯がグラグラする、聴力低下、頻尿、夜尿、
     白髪、内分泌と代謝の乱れ(更年期障害)
・肺虚:嗅覚が鈍い、しわ、シミ、乾燥肌、息切れ
・脾虚:食欲低下、食事の量の減少、便秘又は下痢(吸収力の低下)
・肝虚:視力低下、運動能力低下
・心虚:記憶力・集中力の低下、睡眠障害(心主神明)

老化防止の為の食事
 @五臓を補う
 A血液循環を促進する
 B体質を増強する 

則ち、補気、養血、滋陰、助陽、活血化瘀、行気解欝

●献立に少々変更※があります。
・陳皮と玫瑰花入り紅茶(ウエルカム・ドリンク)
イカセロリ.jpg
・イカとセロリの和え物
ニラあん肉団子 016.jpg
・ウズラ卵と海老の肉団子 ニラあんかけ※
4黒胡麻粥.jpg
・黒胡麻粥
きんつば 025.JPG
・胡桃と黒胡麻の丸きんつば※
・オレンジ・ジャスミン茶

簡単なお料理ばかりです。手(チョキ)

初心者歓迎 お気軽にお問合せ下さい。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

予約をお待ちしております。 →予約状況


来月の料理教室 は2/17(水)〜20(土)です。

芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)

posted by 135n at 13:58| 献立

2015年12月31日

2016年1月 アンチエイジング(老化予防)

4黒胡麻粥.jpg

1月の料理教室は「アンチエイジング(老化予防)」がテーマです。

2015年 1/20(水)21(木)22(金)23(土) 

1/1現在の空席: 
1/20(水)11時 2名(P1有り)
1/23(土)11時 2名(P1有り)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

老化について中医学の認識
 @腎虚
 A腎虚による五臓虚衰、機能失調

・腎虚:骨がもろくなる、歯がグラグラする、聴力低下、頻尿、夜尿、
     白髪、内分泌と代謝の乱れ(更年期障害)
・肺虚:嗅覚が鈍い、しわ、シミ、乾燥肌、息切れ
・脾虚:食欲低下、食事の量の減少、便秘又は下痢(吸収力の低下)
・肝虚:視力低下、運動能力低下
・心虚:記憶力・集中力の低下、睡眠障害(心主神明)

老化防止の為の食事
 @五臓を補う
 A血液循環を促進する
 B体質を増強する 

則ち、補気、養血、滋陰、助陽、活血化瘀、行気解欝

・陳皮と玫瑰花入り紅茶(ウエルカム・ドリンク)
・イカとセロリの和え物
・ウズラ卵と海老入り肉団子
・黒胡麻粥
・胡桃と黒胡麻餡の挟み焼き
・オレンジ・ジャスミン茶

簡単なお料理ばかりです。手(チョキ)

初心者歓迎 お気軽にお問合せ下さい。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

予約をお待ちしております。 →予約状況


来月の料理教室 は2/17(水)〜20(土)です。

芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)



立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

1月は--------------------------------

小寒(1/6頃)
本格的な冬の季節で、寒風と積雪に悩まされます。

大寒(1/21頃)
一年中で一番寒さの厳しいころですが、
春はもうすぐ間近にせまっています。

---------------------------------------

冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります

posted by 135n at 21:13| 献立

2015年11月28日

2015年12月 冷え性

12月の料理教室は「冷え性」がテーマです。

2015年 12/11(金)12(土)14(月) 

11/28現在の空席: 12/11(金)11時 1名(P無し)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中医からみた冷え性
気虚・陽虚・血虚・気滞・瘀血・寒湿

雪脾腎陽虚
冷えが最もつよく、胃腸も弱い虚弱者に多い。

雪気滞血瘀
月経痛のひどい人や冷えると指先が紫色になる人。月経血中に凝血塊が多い。

雪気血両虚
虚弱体質で貧血症のものに多い。倦怠感、疲れやすい。

雪脾胃虚寒
胃腸の弱いものに多い。腹が冷えると腹痛・腹鳴・下痢するもの、軟便、食欲不振。

雪陰陽両虚
老年期の冷え症にあたる。倦怠感、夜間尿が多い、めまい、不安感、不眠、動悸。

雪寒湿阻絡
手足の先が特に冷え、しもやけも多い。手足の先が氷のように冷たい、腰や下肢が冷えて痛む、冷えると肩こりや頭痛がひどくなり、時に腹が痛む。

オムレツ 35.jpg
海老・ラッキョウ入り ニラ玉オムレツ

チキンカレー 005.JPG
チキン・カレー&ターメリックライス

cake.JPG
胡桃と栗の炊飯器ケーキ

オムレツ海老 002.JPG
グリューワイン:レッスン時はノンアルコールで!(赤ワインを葡萄ジュースで!)

簡単なお料理ばかりです。手(チョキ)

初心者歓迎 お気軽にお問合せ下さい。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

予約をお待ちしております。 →予約状況


来年1月の料理教室 は1/20(水)〜23(土)です。

芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)



立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

12月は--------------------------------

大雪(12/7頃)
木枯らしが吹き始め降雪も多くなる頃。

冬至(12/22頃)
1年中で一番夜の長い日。
この日から日が伸び始めることから、
古くはこの日を年の始点と考えられた。
冬至南瓜やゆず湯の慣習が残る日。 
 
冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります。




posted by 135n at 14:52| 献立

2015年10月27日

2015年11月腰痛

2015年 11/13(金)14(土)16(月)  

11月の料理教室は腰痛がテーマです。

腰痛!辛いですね〜ふらふら

腰痛と言っても、色々タイプがあります(寒湿・湿熱・瘀血・腎虚)
寒いところで長居した、雨に濡れた、蒸し暑いところにいた、曇りや雨の日に悪化する、
自由に動けない、動くと少し楽、夜に悪化、疲労で悪化、発作を繰り返す
その他、打撲などの外傷、ぎっくり腰、等々

それぞれの症状・体質に応じた食事と養生が大事です。

胡瓜蟹.jpg
蟹と胡瓜

鯖.jpg
鯖とグレープフルーツ

鴨.jpg
鴨肉の黒胡椒風味

ハリラスープ.jpg
モロッコのお袋の味 ハリラ・スープ

腰痛デザート.jpg
栗のサツマイモ包み&プルーンに挟まれた胡桃ちゃん

簡単なお料理ばかりです。手(チョキ)

初心者歓迎 お気軽にお問合せ下さい。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

予約をお待ちしております。 →予約状況


12月の料理教室 は「冷え性」の予定。

芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)




立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

11月は--------------------------------------

立冬(11/8頃)
日は短くなり、時雨が降る季節。
北国や高山には初雪。関東では空っ風が吹く頃。

小雪(11/22頃)
日差しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。
平地にも初雪が舞い始める頃。
--------------------------------------------- 


冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器はです。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がりますぴかぴか(新しい)












posted by 135n at 11:48| 献立

2015年10月04日

2015年10月便秘

2015年 10/16(金)17(土)19(月)

今月の料理教室は便秘がテーマです。

1大根紫蘇柿.jpg
前菜:柿・大根・紫蘇

便秘は誰でも一度はなったことがあると思いますので
普段、便秘しない人でも知ってて損はないと思います。

33栗鶏.jpg
鶏肉と栗の炒め煮

便秘は5タイプありますので、体質に応じた食事を摂ることが大事です。

・熱秘(ねつひ)
 ー便が乾燥し硬い、小便短赤

・気秘(きひ)
 ー便意があるが、排便できず、おならやゲップが多い、
  排便後すっきりしない、女性に多い。
  便秘と下痢の交互が多い。
  便秘が主訴の気滞

・気虚秘(ききょひ)
 ー便は硬くない、便意有るが力めない、疲れやすい

・血虚秘(けっきょひ)
 ー便は硬い、顔色にツヤ無い、眩暈、かすみ目、動機、
  唇色淡、脈細渋

・冷秘(れいひ)
 ー便が出にくい、小便清長、四肢冷え、寒がり

4豆乳胡麻汁.jpg
胡麻入り豆乳汁

思い当たる人は是非お越し下さいませ、と言いたいところですが
今月はすでに予約満席です。

来月は「腰痛」を予定してて、まだ空席が有りますので
ご興味の有る方は早めにお問合せ下さいませ。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)

2ヨーグルト柿.jpg
柿入りヨーグルト

立秋(8/8頃)〜立冬(11/8頃)までが秋。

秋の養生としては

・乾燥を防ぐ(口渇、空咳、肌が乾燥する、便秘しやすい)

・冷えに注意
  (夏の汗→人体は水分不足→そこに冷気→頭痛・鼻づまり
    ・胃痛・関節痛、慢性病の再発・新たな病気を誘発)

・基礎体力を養う
  (夏ばて→秋に風邪などひかぬように注意!)

posted by 135n at 15:43| 献立

2015年08月13日

2015年9月 肥満の薬膳


2015年 9/11(金)〜9/14(月)

海老茄子.jpg
茄子の煮浸し



「肥満の薬膳」は2回目です。  前回は2014年7月

肥満と言っても〜、、、
色々タイプがありますが
どのタイプでしょうか?

枝豆コーン卵2.jpg 
枝豆入り卵炒め



肥満で
・顔が赤い、食欲旺盛、便秘など
・体が重い感じ
・疲れやすい、息切れ
・むくみ
・イライラ

スープ.jpg 
榎茸と筍のスープ



肥満は大きく分けて2タイプに分類されます。目 目 

 @ 脂肪太り: 筋肉質でがっちりした感じ → 便秘やのぼせ どんっ(衝撃)
 A 水太り: 色白で、むくみや多汗がみられる → 胃腸が弱い ふらふら

その他に、ストレス→イライラ→やけ食い ちっ(怒った顔)
また、そのストレスが長期化した肥満歴の長いタイプ がく〜(落胆した顔)

それぞれのタイプによって対処法が違いますので
ご興味の有る方は是非、お越し下さいませ。

黒豆鮭韮粥.jpg 
黒豆と鮭のお粥



空席状況(8/13現在)

・9/12(土)11時 残2名 P1台
・9/14(月)11時 残1名 P無し   最新の空席状況

その他の日時希望の方は、お問合せ下さい。
 
水ようかん.jpg 
決明子入り 小倉水ようかん



簡単なお料理ばかりです。
初心者歓迎 黒ハート
お気軽にお問合せ下さい。

芦屋薬膳料理教室


  同業の薬膳師の方はご遠慮願います。
  薬膳の勉強中の方はその旨お知らせ下さい。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その他、募集中の講座

(初級)薬膳アドバイザー

受講料(税込み): 37.300円
・書籍2冊(初級テキスト・性味表)込み
・各回、調理実習と試食付き
・模擬試験込み
・料理教室の受講50%オフ券1枚(今期からのサービス!)

(火) 11-16時  @5時間×3回コース 駐車場:残2台
   9/15
   9/29
   10/6

(水)14−17時 @3時間×5回コース  駐車場:残1台
   9/2
   9/9
   9/16
   10/21
   10/28

(中級)薬膳インストラクター

受講料(税込み):60100円

・テキスト2冊込み
・各回、調理実習と試食付き
・模擬試験込み
料理教室無料受講券1枚付き)

●前半4回

Aコース:(水)10-13時  ← 受け付け終了!
 6/24
 7/1
 7/29
 9/2

Bコース:9月開始で追いつきます!

 9/4(金)  10-13時
 9/7(月) 10-13時
 9/10(木) 10-13時
 9/11(金) 14-17時

●後半4回(Aコース・Bコース合同):(水)10-13時  駐車場:無し
 9/16
 10/7
 10/21
 11/4
〜〜〜〜〜〜
「第11回 薬膳イタリアン」のお知らせ 

2015年8/28(金)〜30(日) テーマは「やる気」

やる気が
「続かない」「湧かない」「無いけど、やり出したらやる!」
「やるかどうか、決められない」「やるけど、すぐ疲れる」

思い当たる節がありませんか?
皆様のご来店をお待ちしてます。

ご予約はディアモ・クッチーナまで   
Tel & Fax 0798-72-0056

献立監修:芦屋薬膳


芦屋薬膳  問合せ
ashiyayakuzen.jpg


posted by 135n at 14:15| 献立

2015年06月30日

2015年7月 消渇(ショウカツ)

7/10(金)〜13(月) 

空席状況
7/11(土) 11時  2名 P1台有り
---------------------------------------
黄帝内経素問:消渇(ショウカツ)
「よく肥えて酒や肉食など美味なものを食す人がよく患い、咽が渇く病気である」

現代の糖尿病に相当する病気で、代表的症状は「咽の渇き」です。
(多飲・多食・多尿・痩せる・尿が濁る・尿が甘い臭いがする等)

糖尿病でなくても、体の乾燥や火照り感が有る方にはお薦めです。

1甘酢.jpg
胡瓜と山芋の甘酢漬け

2トマト.jpg
トマトと豆腐の煮込み

3kayu.jpg
冬瓜・アサリ・トウモロコシのお粥

1s.JPG
スイカの皮の中華風漬け物

グアバ.jpg
グワバ・キウイ・亀ゼリー

簡単なお料理ばかりです。
初心者歓迎 黒ハート
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


---------------------------------------
  8月の料理教室はお休みです。

  同業の薬膳師の方はご遠慮願います。
  薬膳の勉強中の方はその旨お知らせ下さい。 

芦屋薬膳料理教室




posted by 135n at 17:10| 献立

2015年05月22日

2015年6月 むくみ

6/26(金)〜29(月) 

空席状況
 6/26(金) 11時  1名 P1台有り
 6/27(土) 11時  1名 P1台有り
---------------------------------------

芒種(6/6頃):芒のある穀物の種蒔きをする頃。西日本では梅雨に入る頃。
夏至(6/21頃):一年中で一番昼が長い時期。日本の大部分は梅雨の時期。

---------------------------------------
梅雨の季節が近づいてきました 雨
と同時に、むくみが気になる方も多いのではないでしょうか?

6月のテーマは「むくみ」です。

むくみにも色々なタイプがあります。

多いのは〜
口当たりの良い冷たい物・甘い物をよく食べてるお嬢様達の隠れたむくみがく〜(落胆した顔)
夕方になると足がむくんで靴が入りにくい方
ソックスを脱いだら跡がいつまでも残ってる方
普段からトイレの回数の少ない方
顔色が黄色い方
疲労感のある方
或いは、冷えや腰痛もある方等々

気になる方、お待ちしてますよ〜わーい(嬉しい顔)

初めての方はチェックシートで体質チェックしましょう手(パー)

お料理は簡単なものばかりです。

胡瓜薬味塩麹.jpg
胡瓜の紫蘇塩麹和え

海老茄子.jpg
海老茄子

鯛豆腐豚.jpg
鯛と豆腐の豆豉蒸し

緑豆小豆粥.jpg
緑豆と小豆のお粥

龍眼ハイビスカスゼリー.jpg
ハイビスカスと龍眼のゼリー

黒豆入り 玉米鬚茶

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室  芦屋薬膳

〜〜〜〜〜〜〜〜
(初級)薬膳アドバイザー認定試験・受験対策講座の募集






posted by 135n at 16:34| 献立

2015年04月30日

2015年5月 不眠

不眠 001.JPG

<空席状況>  

・5/8(金)11時 残1名 P無し
・5/9(土)11時 残3名 P2台有り
・5/9(土)14時 残3名 P1台有り   予約・問合せ

今回は不眠がテーマです。(2013年7月と同じ献立です)

不眠には大きく分けて2種類あります。
・虚証タイプ(陰虚火旺・心脾両虚・心胆気虚)
・実証タイプ(肝鬱化火・痰熱内擾)

この中では、心脾両虚の不眠の人が多いような気がします。
(私の周りだけ?)

たいがい、おとなしい方で「不眠はありません。」と仰るのですが
「夢が多くないですか?」と訊くと
「多いです!」と仰います。

「夢が多い」も不眠の一種です。
このタイプは気血不足、つまりパワー不足。
悩みすぎ・考えすぎ・クヨクヨと心配するタイプの方に多いです。

2年前の献立のアンコールですが
その時、受講された不眠の生徒さんから
受講後にメールを頂戴しました。

 早くも揺れるハート 帰りの電車で電車 眠くて、眠くて〜 眠い(睡眠)
 帰宅してから、久し振りに爆睡しました 眠い(睡眠) 手(チョキ)眠い(睡眠)

この生徒さん、かなりひどい不眠ふらふら
「なんとかして〜!!」
と言う感じだったのですが、、、

上手くはまったんでしょうね手(チョキ)

すごく変わったお料理と言うわけでもなく、
何か特別な生薬を使った訳でもなく
(中華街で普通に買える龍眼肉・亀ゼリーは使いましたが)
普通のお料理でしたが、とても効果的だったみたいです黒ハート

全ての方に当てはまるとは限りませんが
どういうタイプの不眠があるのか、
そして、どういう食材に効果が期待出来るのか?
ご関心のある方、お待ちしてます。

茶碗蒸し2.jpg

砂肝のみぞれ和え

龍眼と百合根の茶碗蒸し 枝豆あん

アサリとヒジキの炊き込みご飯

冬瓜の味噌汁

苦瓜の塩麹漬け

タピオカ入り亀ゼリー

2種類の菊花茶


簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


芦屋薬膳 (料理教室)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

立夏(5/6頃)〜立秋(8/8頃)までの3ヶ月間が夏です。
五臓では心に関係が深い季節です。

---------------------------------------
立夏(5/6頃)
新緑の季節。風もさわやか。
いよいよ夏の気配が感じられる頃。

小満(5/21頃)
草木が茂って天地に満ち始める。
陽気が盛んで、万物がほぼ満足する季節。
---------------------------------------

晴れ夏の養生晴れ

・汗をかく→津液を補う
・暑熱を冷ます飲食物を摂る
・早起きして、適度な運動→頑張りすぎない。ストレスをためないように。
  夏の運動は適当に!やり過ぎると秋冬に病気になる。
・食中毒予防

施膳原則は〜

・清淡芳香(アッサリ消化良く、芳香性の食物)で食欲増進
・清熱解暑作用のある食物と津液を補う食物を摂る
・清熱の物を多く使う時は辛辣の物を適宜加えてOK
・健脾養胃し、去湿利尿作用有る食物を摂り、
 湿が体内にこもるのを防ぐ
・生冷物を食べ過ぎないように注意




posted by 135n at 15:05| 献立

2015年03月21日

2015年4月 産前産後

4月は「産前産後」について黒ハート

全然、関係ない方でも
胃腸が弱いふらふら ストレスを感じやすいがく〜(落胆した顔) パワー不足もうやだ〜(悲しい顔)
のタイプの方は、是非お越し下さい。

生姜トマト.jpg 
つわりにお薦め:陳皮・柚子の皮・生姜・紫蘇・葱・梅・丁字・トマト・キウイフルーツ等

妊娠病.jpg

産前については、妊娠悪阻(つわり)、妊娠腹痛、胎漏(子宮出血)、胎動不安、子腫(むくみ)、妊娠小便不通等々、いろいろ有りますが、主に妊娠悪阻(つわり)について〜キスマーク

モヒート2.jpg 
ノンアルコール・モヒート風手(チョキ)

産後病.jpg

産後については、産後腹痛、産後悪露不絶、産後排尿異常、産後身痛、缺乳(母乳不足か無乳)、乳汁自出等々、これまた色々有りますが、主に缺乳(母乳不足か無乳)についてキスマーク

麻油鶏3.jpg

献立に汁物が多いですが、母乳の為には水分が要りますでので、悪しからず〜目

wakame.jpg

補脾補腎を中心に、産前はアッサリ!産後は補気補血養陰で〜レストラン
そして、ストレス対策も〜るんるん

イカニラぬた.jpg

どう言う体質の方が、どうなりやすいか?

 つわり:胃腸が弱い・ストレスに弱い
 母乳不足:エネルギー不足・ストレスに弱い

妊婦さんへの心配りが出来るようになりますよ手(チョキ)

初めての方は簡単な体質チェックをしましょう。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


芦屋薬膳 料理教室



posted by 135n at 10:03| 献立

2015年02月21日

2015年3月 男性不妊

山芋チーズ.jpg
山芋チーズ (お酒のアテにバッチリ)

3/7(金)〜9(月) 

(午前のクラス)11〜14時
(午後のクラス)14〜17時


トマ卵金柑.jpg
トマトと卵の炒め物 金柑入り (金柑が意外なおいしさ)

今月は「男性不妊」について黒ハート

不妊の原因が女性とは限りません。
ネット検索すると「不妊症の約半数は男性が原因」と出てきました あせあせ(飛び散る汗)


男性不妊 021.JPG

男性不妊は

@ 器質的病変(生殖器の奇形など)
A 性交不能(ED・早漏・不射精など)
B 精液異常(精子数少・奇形が多い・運動性に問題あり)

以上の3つに分類されますが、

ここでは精液異常(腎精不足・陰虚火旺・腎陽虚・湿熱)と
ED(腎陽虚・肝鬱・心脾両虚・湿熱)について簡単に〜


龍眼黒胡麻粥.jpg
龍眼肉入り 黒胡麻粥  
(黒胡麻が香ばしくて美味。
 龍眼肉は帰脾湯にも入ってる生薬で優れもの。
 レイシみたいで食べやすい)


男性不妊に関係なく、
・腎精不足(不妊・足腰のだるさ・めまい・耳鳴り・健忘など)
・陰虚火旺(不妊・早漏・遺精・めまい耳鳴り・不眠・足腰のだるさなど)
・腎陽虚(陰部の冷え・寒がり・腰痛など)
・肝鬱(イライラ・不安感・不眠など)
・心脾両虚(疲労倦怠感・不眠・動悸など)
・湿熱(陰嚢が湿り、腫れや痛みがあるなど)
の方にお薦めのお料理です。

なので、男性不妊に関係ない方もどうぞお越し下さい。
但し、参加は女性のみです。


バナナ小豆 003.JPG
小豆バナナ・ドリンク (酒飲みにお薦め〜)


初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。


海老ニラ.jpg
海老ニラの胡麻マヨ (簡単で美味。大好評です。)


予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室




posted by 135n at 20:41| 献立

2015年02月06日

2015年2月 不妊(女性)の薬膳

海老山芋韮ウズラ卵.jpg

芦屋薬膳の今月のレッスン日
2/14(土)、20(金)、23(月)

鮭大根里芋春菊.jpg

「不妊の薬膳」のリクエストがありましたので
今回は「不妊の薬膳」です。

5金柑カルダモン.jpg

中医学的な考え方として、不妊は6タイプに分類できます。

・腎陽虚証
・腎陰虚証
・気血両虚証
・肝欝気滞証
・痰湿証
・血瘀証

白菜大根.jpg

簡単に言えば、
老化(冷え or 虚熱と乾燥)・虚弱・ストレス・肥満・血行不良等に関係してます。

「不妊」に関係ない人でも上記体質が気になる方は
是非、お越し下さい。

尚、3月は「不妊(男性不妊)」、4月は「産前産後」の予定です。

4m.jpg

初めての方は簡単な体質チェックをしましょう。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室
posted by 135n at 12:06| 献立

2015年01月01日

2015年1月

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

2015年元旦

芦屋薬膳


今月のレッスン日
1/16(金)17(土)26(月)

生理痛の生徒さんがいらっしゃいますので
今回は生理痛の薬膳です。

生理痛には色々なタイプがあります。
生理の前後、生理中など痛みが出る時期の違い、痛みの種類、全身症状などで
気滞瘀血・寒凝胞中・湿熱下注・気血虚弱・肝腎虚損などに分類されます。
それぞれのタイプについて〜。

生理痛なんて関係ない!
と言う方もお越し下さいね目
生理痛はなくても

ストレス・精神的トラブル・月経前症候群(PMS)
冷え・経血に血塊が混じる
下腹部疼痛や灼熱感・おりものが黄色くて粘っこい
下腹部が重だるい・月経量が少ない・倦怠感・顔色にツヤ無し・食欲不振
一見して体の弱そうな人・腰痛・耳鳴り・お産の回数が多かった等々

当てはまる方にはお薦めのお料理です。

また、どのタイプにも属さなくても
お料理自体は普段に使えるものばかりですので
ご興味ある方は、どうぞお越し下さいませ。

初めての方は体質チェックをしてみましょう手(チョキ)

<中国料理>
イカセロリ.jpg
イカとセロリの炒め物
鶏玉大根.jpg
醤油鶏
小豆粥.jpg
小豆粥
ヨモギ白玉 002.JPG
ヨモギ白玉入り黒胡麻汁粉
二花飲.jpg
二花飲(ジャスミンと玫瑰花のお茶)

簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎 黒ハート
お気軽にお問合せ下さい。


予約をお待ちしております。 →予約状況

料理教室

立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

1月は--------------------------------

小寒(1/6頃)
本格的な冬の季節で、寒風と積雪に悩まされます。

大寒(1/21頃)
一年中で一番寒さの厳しいころですが、
春はもうすぐ間近にせまっています。

--------------------------------------- 
 
冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります。



posted by 135n at 00:00| 献立

2014年11月09日

2014年12月

oseti.jpg

12/5(金)〜8(月)


おせち料理のリクエストがありましたので、
4年前のレシピが再登場です。

お節料理に使われている食材を薬膳的に見直してみましょう。


<日本料理・お節料理>

紅白なます・田作り
結び昆布・手綱蒟蒻・梅人参・鶏つくね
お赤飯
あん餅雑煮

簡単なお料理ばかりですが
品数がいつもより多いので少し時間がかかります。

初心者歓迎 黒ハート
お気軽にお問合せ下さい。


予約をお待ちしております。 →予約状況

料理教室




12月は--------------------------------------

大雪(12/7頃)
木枯らしが吹き始め降雪も多くなる頃。

冬至(12/22頃)
1年中で一番夜の長い日。
この日から日が伸び始めることから、
古くはこの日を年の始点と考えられた。
冬至南瓜やゆず湯の慣習が残る日。 
--------------------------------------------- 
 
冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります。



posted by 135n at 16:27| 献立

2014年10月23日

2014年11月

葱ジャコナッツ.JPG
葉葱とカシューナッツの炒め物


11/7(金)〜11/10(月) 

老化防止(世代・性別にあった食事)&冬の養生



5.jpg
ブロッコリーと貝柱の蒸し物



10/23現在の空席状況 

(午前のクラス)11〜14時 11/7(金)1名 P1有、11/8(土)2名 P1台有 
(午後のクラス)14〜17時 11/8(土)1名 P1台有

(最新の予約状況はHPでご確認下さい)



kayu.jpg
参鶏湯風のお粥



先日、生徒さんから「不老不死」をリクエストされたのですががく〜(落胆した顔)
さすがに「不死」は無理ですふらふら



momo.jpg
桃のカスタードゼリー



人間はいつかは死ぬものですが、老化防止は養生次第と思います。

CMで見たことがあると思いますが 目
「女はFの倍数、男はGの倍数」についても〜 るんるん



胡桃汁粉.JPG
胡桃汁粉



お料理は簡単なお料理ばかりです。手(チョキ)

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室





立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

11月は--------------------------------------

立冬(11/8頃)
日は短くなり、時雨が降る季節。
北国や高山には初雪。関東では空っ風が吹く頃。

小雪(11/22頃)
日差しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。
平地にも初雪が舞い始める頃。
--------------------------------------------- 


冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器はです。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がりますぴかぴか(新しい)
posted by 135n at 19:04| 献立

2014年09月28日

2014年10月

10/4(土)〜6(月)、17(金)

9/27現在の空席状況 

(午前のクラス)11〜14時 10/4(土)1名 P無し、10/17(金)2名 P1台 
(午後のクラス)14〜17時 空席無し

(最新の予約状況はHPでご確認下さい)


<美肌の薬膳>

美肌の為に最もよく使われてる方法は補益法(補気・補血・補陰・補陽)で
これにより良い顔色を保ち、皮膚乾燥やむくみの予防・毛髪の脱落を防止します。
又、肌トラブル発生の場合は、その原因・症状に合わせて献立をたてます。

五臓・経絡・年齢・情緒・気候・飲食等との関係についても、勉強しましょう。

2杏仁南瓜.jpg
 南瓜のスープ

4松の実ほうれん草.jpg
 松の実とほうれん草のソテー

 b2.jpg
 豚肉のビール煮

4nashi.jpg
 梨のワイン煮

3紅茶マイカイカ陳皮.jpg
 玫瑰花と陳皮入り紅茶

簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 → 予約状況

芦屋薬膳

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
料理教室
随時、受け付けております。

薬膳アドバイザー認定試験の受験対策講座
現在、募集中の講座有りません。
次回の募集は来年の予定です。

ご興味の有る方は、お問合せ下さい。
早めにお問合せ頂くと、ご都合の良い日時に設定できると思います。

芦屋薬膳


-----------------------------------------------
立秋(8/8頃)〜立冬(11/8頃)までが秋と言うことで
9月に続き、秋のお料理ですが10月は涼燥。

乾燥した気候でも寒くなってきてますので
体を潤しながらも、9月よりも体を温めるお料理です。

  寒露
  10/9頃、五穀の収穫時期。山野は晩秋の色彩が色こく、
  朝晩は肌に寒気を感じ始める頃。

  霜降
  10/24頃、夜間の冷え込みが厳しくなり、霜が降り始める頃。






・気温の下降→気血運行が滞りやすくなる
・毛穴が閉じる→汗をかきにくくなる→皮膚が乾燥しやすくなる(燥邪)

燥邪

・湿潤を好む
・肺を犯しやすい
・津液消耗→鼻、口、のど、唇、舌、皮膚などの乾燥。大便乾燥→便秘
・外燥=自然界の燥邪→鼻穴・皮毛から侵入→肺衛を犯す→温燥と涼燥
・内燥=大汗、精血消耗、老人の陰液不足などの陰津不足でおこる。


養生原則

・津液を補い、燥邪の侵入を防ぐ
・風寒感冒予防
・夏に弱った脾胃の機能を正常にする
・情緒を安定させる→肝気横逆により他の臓器に影響が出ないようにする
・気の流れを良くする→散歩や軽い運動


施膳原則

・肺の陰液を補う食物をとる
・生津潤燥作用のある野菜や果物を積極的にとる
・収斂作用の食材を多く摂り、辛味の食材を少なくする
・肝気の流れを良くする食材を摂る
posted by 135n at 16:54| 献立

2014年08月23日

2014年9月

9月の料理教室のご案内

9/19(金)〜22(月)
 午前のクラス(11〜14時) ← 空席は9/20(土)22(月)のみ(8/23現在)
 午後のクラス(14〜17時) ← 空席は9/20(土)のみ(8/23現在)

 駐車場2台分あり(先着順です)

今回は便秘がテーマです。

便秘って〜
誰でも一度はなったことがあるんじゃないかな〜

普段、便秘しない人でも
知ってて損はないと思います。

便秘は5タイプありますので、体質に応じた食事を摂ることが大事です。
  
・熱秘(ねつひ)
 ー便が乾燥し硬い、小便短赤

・気秘(きひ)
 ー便意があるが、排便できず、おならやゲップが多い、
  排便後すっきりしない、女性に多い。
  便秘と下痢の交互が多い。
  便秘が主訴の気滞

・気虚秘(ききょひ)
 ー便は硬くない、便意有るが力めない、疲れやすい

・血虚秘(けっきょひ)
 ー便は硬い、顔色にツヤ無い、眩暈、かすみ目、動機、
  唇色淡、脈細渋

・冷秘(れいひ)
 ー便が出にくい、小便清長、四肢冷え、寒がり

思い当たる人は是非お越し下さいませ。

初めての方は簡単な体質チェックをしましょう。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。
(初回はお試しレッスンで4000円、2回目から5000円、入会金無し!)

予約をお待ちしております。 →予約状況

芦屋薬膳
(国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)


hakusai.jpg 
白菜の冷拌
カシューナッツ豚.jpg 
カシューナッツと豚肉の炒め物

海老ニラ松の実粥.jpg
松の実入り海老ニラ粥

5kogiku.JPG 
菊花・枸杞子入りハブ茶

ヨーグルト1.jpg 
プルーンの赤ワイン漬け入りヨーグルト

バナナセーキ5.jpg 
ココア・バナナセーキ 抹茶・バナナセーキ


posted by 135n at 17:18| 献立

2014年06月19日

2014年7月 肥満の薬膳


小暑(7/7頃) 梅雨明けが近く本格的な暑さが始まる頃。
大暑(7/23頃) 最も暑い。夏の土用の時期。
---------------------------------------

2014年 7/11(金)〜7/14(月)


7月は肥満の薬膳です。

肥満にも色々なタイプが有ります。

・食欲旺盛で、顔が赤くて元気なおデブちゃん
 口臭や便秘も有るかも〜ちっ(怒った顔)

・ため息・イライラ・怒りっぽいおデブちゃんちっ(怒った顔)

・顔色が浅黒く、肌荒れ、眠りが浅い、冷え性、生理痛がある
 肥満歴が長いおデブちゃんふらふら

・体が重くて、だるくて、疲れやすくて、めまいがしたりする
 元気のないおデブちゃんふらふら

・元気がなくて、むくんでて、しょっちゅう汗を拭いて
 「ハァ、ハァ」と息切れしてるおデブちゃんふらふら

・もっとも元気がなくて、冷えてて、夜間尿が多い年寄りっぽいおデブちゃんもうやだ〜(悲しい顔)


肥満体型でなくても、
上記のような症状がある人は必見の内容です。

1菊査決明茶.jpg
菊査決明子茶

2大根クラゲトマト.jpg
大根・クラゲの和え物

カレー 020.JPG
海老のエスニック・カレー炒め

6枸杞子烏龍茶 0.jpg
枸杞子入り烏龍茶

5蓮子汁粉.jpg
蓮子入り 小豆と陳皮のお汁粉


簡単なお料理ばかりです。
初心者歓迎 黒ハート
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況



  8月の料理教室はお休みです。

  同業の薬膳師の方はご遠慮願います。
  薬膳の勉強中の方はその旨お知らせ下さい。 

芦屋薬膳料理教室

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回の「薬膳イタリアン」は10月末の予定でしたが
好評につき、8月に前倒して企画しております。詳細は後日。お楽しみに〜揺れるハート
もちろん、10/31(金),11/1(土)2(日)も実施予定です。

芦屋薬膳薬膳コラボ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

薬膳認定試験・受験対策講座

秋の薬膳認定試験

 日時:11/2(日)9時半〜12時 
 会場:芦屋市民センター(会議室)


芦屋薬膳受験対策講座

(初級) 9〜10月の(火)10〜13時 or(土)14〜17時 (火)か(土)のいずれかを選択

(中級) 6月〜10月の(水)10〜13時

(上級) 7月〜来年3月の(土)10〜13時

問合せ・申込みをお待ちしてます。


posted by 135n at 21:39| 献立

2014年05月23日

2014年6月 梅雨の養生

6/13金)〜16(月) 

(午前のクラス)11〜14時
(午後のクラス)14〜17時


---------------------------------------

芒種(6/6頃):芒のある穀物の種蒔きをする頃。西日本では梅雨に入る頃。

夏至(6/21頃):一年中で一番昼が長い時期。日本の大部分は梅雨の時期。

---------------------------------------
そろそろ梅雨の季節ですね〜雨

6月は「梅雨の養生について」です。

初めての方はチェックシートで体質チェックしましょう手(パー)

中医学的な説明に時間をとりますので
お料理は簡単なものばかりです。


初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室  芦屋薬膳


トンブリ.jpg
砂肝とジャガイモのサラダ トンブリ入り

ミネストローネ2.jpg 
インゲン豆のミネストローネ

黒豆ピラフ.jpg 
鴨肉とトウモロコシ 押し麦入りピラフ添え
炊飯器一つで出来ます手(チョキ)

仙草ゼリー 011.JPG 
マンゴー入り 仙草ゼリー

カルダモン 002.JPG 
カルダモン・コーヒー

梅雨の食材と言えば冬瓜ですが、
まだ出始めで高いので、今回は登場しませんふらふら

それからハトムギ ぴかぴか(新しい)
今まで何回か使いましたが、普通のスーパーに置いてないので
今回はどこでも売ってる押し麦(大麦)を使いました。
 
 大麦の効能:利水通淋 健脾和胃(消化不良や大小便不利に)

それから、今回の少し変わった食材は「とんぶり」
tonnburi.jpg
近くのスーパーで1袋170円ぐらいで購入。

Wikipediaによれば
ーーー
とんぶりは、アカザ科ホウキギ属 (en) の一年草であるホウキギ(ホウキソウ、ホウキグサ)の成熟果実を加熱加工した物の、日本語での名称。 日本では古来、民間療法で用いる生薬の一つであったが、現代では日本文化における食品の一つとして用いられることが多くなった。

ホウキギという植物もその実を薬用および食用とすることも古代中国からの伝来であり、日本で言う「とんぶり」と同じものを、古来中国であれ日本であれ漢方医学では地膚子(日本語読み:ぢぶし、じふし)と呼び、利尿と強壮を主な薬効とする生薬として取り扱ってきた。

とんぶりのスコパリアノシド(scoparianoside)類とコチアノシド(kochianoside)類には小腸でのグルコースの吸収抑制等による血糖値上昇抑制活性が認められた[1](詳細はサポニンを参照のこと)。
ーーーー

「仙草ゼリー」は先月も登場しましたねわーい(嬉しい顔)


予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室  芦屋薬膳








posted by 135n at 18:33| 献立

2014年05月02日

2014年5月

2014年 5/16(金)〜19(月) 

もうすぐ立夏(5/6頃)晴れ

今月は夏の養生&明目の薬膳(2)です。

初めての方はチェックシートで体質チェックしましょう手(パー)

中医学的な説明に時間をとりますので
お料理は簡単なものばかりです。

今回は黒クワイ(荸薺)・ピータン・仙草ゼリーなど
少し変わった食材を使います。

ピータンpp.jpg ピータン・ガリガリ

荸薺バーグ.jpg 荸薺バーグと苦瓜

昆布人参粥 026.jpg 人参粥

黒クワイ小豆蓮子.jpg 馬蹄入り仙草ゼリー

140420国際試験 011.JPG 菊花・枸杞子入り ハブ茶

枸杞茶.jpg 枸杞茶

初心者歓迎です。

初めての方は「体質チェック」をしてみましょう。

お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

立夏(5/6頃)〜立秋(8/8頃)までの3ヶ月間が夏です。
五臓では心に関係が深い季節です。

---------------------------------------
立夏(5/6頃)
新緑の季節。風もさわやか。
いよいよ夏の気配が感じられる頃。

小満(5/21頃)
草木が茂って天地に満ち始める。
陽気が盛んで、万物がほぼ満足する季節。
---------------------------------------

さて、夏の養生ですが〜

・汗をかく→津液を補う
・暑熱を冷ます飲食物を摂る
・早起きして、適度な運動→頑張りすぎない。ストレスをためないように。
  夏の運動は適当に!やり過ぎると秋冬に病気になる。
・食中毒予防

施膳原則は〜

・清淡芳香(アッサリ消化良く、芳香性の食物)で食欲増進
・清熱解暑作用のある食物と津液を補う食物を摂る
・清熱の物を多く使う時は辛辣の物を適宜加えてOK
・健脾養胃し、去湿利尿作用有る食物を摂り、
 湿が体内にこもるのを防ぐ
・生冷物を食べ過ぎないように注意



posted by 135n at 15:15| 献立

2014年03月21日

2014年4月 明目の薬膳

緑豆ご飯.jpg

ぴかぴか(新しい)目ぴかぴか(新しい) 目に良い薬膳 ぴかぴか(新しい)目ぴかぴか(新しい)

日本料理:4/18(金)〜21(月)

ブルーベリーの黒酢ドリンク
黒豆の黒酢漬け
穴子と胡瓜の酢の物
人参豚
杞菊汁
チリメン・山椒・塩昆布入り 緑豆ご飯

初めての方は簡単な体質チェックをしましょう。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日の薬膳イタリアンの献立の中に「目に良いお料理」がありましたが
「目に良い!」に惹かれる方がお客様がたくさんいらっしゃいましたので
4月は「眼精疲労」がテーマです。

眼精疲労には4タイプが有ります。

@ 肝鬱気滞(ストレス)
A 肝血虚(目の酷使)
B 肝腎陰虚(老化や過労)
C 腎陽虚(老化)

がポイントとなる臓器です。それに瘀血解消も!

明目の食材で今回使用しなかったものがあるので
引き続き5月(中国料理)も明目の薬膳(その2)を予定してます ぴかぴか(新しい)目ぴかぴか(新しい)

---------------------------------------

清明(4/5頃) 
桜や草木に花が咲き始め、万物が清らかで明るい気が溢れて来る。

穀雨(4/20頃) 
春の終わり。春雨が多くなり、穀物の種蒔きと成長の好期。





posted by 135n at 10:33| 献立

2014年03月03日

2014年3月 春の養生

クチナシスパ 021.JPG

〜春の養生〜

西洋料理:3/14(金)〜17(月)

金柑入り二花飲 ←ウエルカム・ドリンク

前菜2種類(ほうれん草とレバー、海老牛蒡)
スープ(百合根とセロリ)
クチナシ・パスタ(アサリ・菜の花
パンナコッタ イチゴ・ソース


初めての方は簡単な体質チェックをしましょう。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。


プレゼントのお知らせ  
食器洗い洗剤「ウタマロキッチン」30ml
※無くなり次第終了。


予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室

啓蟄(3/5頃) 冬ごもりの虫が地上に這い出してくる頃。
春分(3/21頃) 昼夜の長さが等しくなり、次第に昼が長くなる。

---------------------------------------
立春(2/3頃))〜立夏(5/6頃)までが春。

春は成長発育の季節→人への影響

1.肌表・そう理が緩み、外邪への抵抗力が弱くなりやすい
→風邪に注意!

2.春は五行で木に属し、との関連が深い
→陽気が盛んな季節なので肝臓の気も旺盛になりがち
→高血圧、眩暈、肝炎などになりやすい。

3.気温の上昇
→気血の流れも活発になり新陳代謝が加速
→体力の無い人、お年寄り、子供には負担
→病気の再発、慢性病が悪化


養生原則

1.寒暖の変化に注意→衣服の調整

  肝は抑鬱を嫌う
→情緒を安定させる
→ストレスを避ける。

3.気の流れを良くする
→早起き、散歩、体を動かす、自然界の気を体内に取り入れる。

4.風邪予防


施膳原則

1.風邪等の邪気の侵入を防ぐ
  →ネギ、ニラ、ニンニク

2.陽気が活発になりすぎないように
  →寒性の食品(キュウリ等)も少し摂る。

3.肝のトラブルが起こりやすい
  情緒不安定、不眠、頭痛、のぼせ、顔面紅潮、怒りっぽい等
   →平肝、疏肝、補血、補陰、健脾の食材

4.「木克土」

  →木(肝・酸味)が土(脾胃・甘味)を抑制する。
  
  →肝の気が旺盛になりすぎる
  →脾胃の消化吸収活動を損ねる
  →「甘」を多くし「酸」を少なく。
  →甘の食物(棗・山芋等)で脾胃の働きを助ける。


4.まだ寒い

  →抵抗力が衰え病気になりやすい
  →優良な蛋白質を補充
  →鶏卵、エビ、魚、牛肉など
   その他、キクラゲ、椎茸など菌類も
  →充分な栄養補給が必要
  →雑穀類、大豆、胡麻、落花生、クルミなど


5.「気」を発散させる→紫蘇や春菊など

ポイントとなる臓器はです。

posted by 135n at 09:16| 献立

2014年02月03日

2012年2月(その2) 慢性疲労

黒胡麻粥2.jpg

〜慢性疲労の薬膳〜

貝柱とほうれん草のお浸し
中華風コロッケ
黒胡麻粥

人参入りオレンジのジュース
ココア
黒豆と甘栗のパンケーキ
ナッツ3種類(クルミ・カシューナッツ・アーモンド)


空席状況(2/3現在)   問合せ

2/21(金)11時 3名 P2台あり! 14時 無し
2/22(土)11時 1名 P1台あり! 14時 3名 P2台あり!
2/23(日)11時 2名 P2台あり! 14時 無し
2/24(月)11時 3名 P1台あり! 14時 無し 
  
最新の予約状況で再確認をお願いします → 芦屋薬膳の料理教室

金麦プレゼントありビール   但し、無くなり次第終了です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

足やからだ全体がだるい、重い、頭が痛い、ぼんやりする、
集中力がなくなる、考えがまとまらない、イライラする、
根気がなくなる、ミスが多くなるなど〜

思い当たる症状、有りませんか?

<慢性疲労>

長期間続く疲労感全てを意味し、
日常生活に支障をきたさない程度の疲労感が
半年以上続く場合を慢性疲労と呼ぶ。

西洋医学では「一般的には疲労という状態は病気ではない!」
と考えられています(慢性疲労症候群をのぞく)
その為、基本的に西洋医学では薬などによる治療は行われないそうです。

中医学では慢性疲労を「腎と脾胃の弱り」と捉えます。
お疲れの方でも作れる簡単な料理・飲み物・デザートを予定してます喫茶店

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室

立春(2/4頃) 節分の翌日です。春の気配が感じられる頃。
雨水(2/19頃) 雪が雨となり、雪や氷が溶けて水がぬるむ頃。
----------------------------------------------------


● 立春(2/3頃))〜立夏(5/6頃)までが春。

春は成長発育の季節→人への影響

1.肌表・そう理が緩み、外邪への抵抗力が弱くなりやすい
→風邪に注意!

2.春は五行で木に属し、肝との関連が深い
→陽気が盛んな季節なので肝臓の気も旺盛になりがち
→高血圧、眩暈、肝炎などになりやすい。

3.気温の上昇
→気血の流れも活発になり新陳代謝が加速
→体力の無い人、お年寄り、子供には負担
→病気の再発、慢性病が悪化


養生原則

1.寒暖の変化に注意→衣服の調整

2.肝は抑鬱を嫌う
→情緒を安定させる
→ストレスを避ける。

3.気の流れを良くする
→早起き、散歩、体を動かす、自然界の気を体内に取り入れる。

4.風邪予防


施膳原則

1.風邪等の邪気の侵入を防ぐ
  →ネギ、ニラ、ニンニク

2.陽気が活発になりすぎないように
  →寒性の食品(キュウリ等)も少し摂る。

3.肝のトラブルが起こりやすい
  情緒不安定、不眠、頭痛、のぼせ、顔面紅潮、怒りっぽい等
   →平肝、疏肝、補血、補陰、健脾の食材

4.「木克土」

  →木(肝・酸味)が土(脾胃・甘味)を抑制する。
  
  →肝の気が旺盛になりすぎる
  →脾胃の消化吸収活動を損ねる
  →「甘」を多くし「酸」を少なく。
  →甘の食物(棗・山芋等)で脾胃の働きを助ける。


4.まだ寒い

  →抵抗力が衰え病気になりやすい
  →優良な蛋白質を補充
  →鶏卵、エビ、魚、牛肉など
   その他、キクラゲ、椎茸など菌類も
  →充分な栄養補給が必要
  →雑穀類、大豆、胡麻、落花生、クルミなど


5.「気」を発散させる→紫蘇や春菊など

ポイントとなる臓器はです。



posted by 135n at 17:04| 献立

2014年01月22日

2014年2月 慢性疲労

コロッケ.jpg

2/21(金)〜2/24(月)

〜慢性疲労の薬膳〜

貝柱とほうれん草のお浸し
中華風コロッケ
黒胡麻粥

人参入りオレンジのジュース
ココア
黒豆と甘栗のパンケーキ
ナッツ3種類(クルミ・カシューナッツ・アーモンド)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

足やからだ全体がだるい、重い、頭が痛い、ぼんやりする、
集中力がなくなる、考えがまとまらない、イライラする、
根気がなくなる、ミスが多くなるなど〜

思い当たる症状、有りませんか?

<慢性疲労>

長期間続く疲労感全てを意味し、
日常生活に支障をきたさない程度の疲労感が
半年以上続く場合を慢性疲労と呼ぶ。

西洋医学では「一般的には疲労という状態は病気ではない!」
と考えられています(慢性疲労症候群をのぞく)
その為、基本的に西洋医学では薬などによる治療は行われないそうです。

中医学では慢性疲労を「腎と脾胃の弱り」と捉えます。
お疲れの方でも作れる簡単な料理・飲み物・デザートを予定してます喫茶店

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室

立春(2/4頃) 節分の翌日です。春の気配が感じられる頃。
雨水(2/19頃) 雪が雨となり、雪や氷が溶けて水がぬるむ頃。
----------------------------------------------------


● 立春(2/3頃))〜立夏(5/6頃)までが春。

春は成長発育の季節→人への影響

1.肌表・そう理が緩み、外邪への抵抗力が弱くなりやすい
→風邪に注意!

2.春は五行で木に属し、肝との関連が深い
→陽気が盛んな季節なので肝臓の気も旺盛になりがち
→高血圧、眩暈、肝炎などになりやすい。

3.気温の上昇
→気血の流れも活発になり新陳代謝が加速
→体力の無い人、お年寄り、子供には負担
→病気の再発、慢性病が悪化


養生原則

1.寒暖の変化に注意→衣服の調整

2.肝は抑鬱を嫌う
→情緒を安定させる
→ストレスを避ける。

3.気の流れを良くする
→早起き、散歩、体を動かす、自然界の気を体内に取り入れる。

4.風邪予防


施膳原則

1.風邪等の邪気の侵入を防ぐ
  →ネギ、ニラ、ニンニク

2.陽気が活発になりすぎないように
  →寒性の食品(キュウリ等)も少し摂る。

3.肝のトラブルが起こりやすい
  情緒不安定、不眠、頭痛、のぼせ、顔面紅潮、怒りっぽい等
   →平肝、疏肝、補血、補陰、健脾の食材

4.「木克土」

  →木(肝・酸味)が土(脾胃・甘味)を抑制する。
  
  →肝の気が旺盛になりすぎる
  →脾胃の消化吸収活動を損ねる
  →「甘」を多くし「酸」を少なく。
  →甘の食物(棗・山芋等)で脾胃の働きを助ける。


4.まだ寒い

  →抵抗力が衰え病気になりやすい
  →優良な蛋白質を補充
  →鶏卵、エビ、魚、牛肉など
   その他、キクラゲ、椎茸など菌類も
  →充分な栄養補給が必要
  →雑穀類、大豆、胡麻、落花生、クルミなど


5.「気」を発散させる→紫蘇や春菊など

ポイントとなる臓器はです。
der="0" align="" alt="中コロ.jpg" />


posted by 135n at 16:17| 献立

2013年12月18日

2014年1月

toriniku.jpg

1/17(金)〜1/20(月) 冷え症

鶏肉の唐辛子風味
獅子唐辛子とチリメンジャコ
人参しりしり
海老と韮のお粥
ナツメとライチのお茶

〜冷え症の薬膳〜

「冷え症なんです!」「足が氷のように冷たい!」
と言われる若い生徒さんが、たくさんいらっしゃいますが

「夜中にトイレに行く?」と訊くと
「1回も行きません!」

じゃ〜、陽虚ではなさそうですね手(チョキ)

中医からみた冷え性
@ 気虚・陽虚(気虚+腎陽の衰え)・血虚
A 気滞(気が巡らない)
B 瘀血・寒湿

若い人はストレスによる冷えが多いみたいですが、
体質チェックで、どのタイプの冷えなのか?
調べてみましょうね目

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室

立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

1月は--------------------------------

小寒(1/6頃)
本格的な冬の季節で、寒風と積雪に悩まされます。

大寒(1/21頃)
一年中で一番寒さの厳しいころですが、
春はもうすぐ間近にせまっています。

---------------------------------------

冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります
posted by 135n at 13:48| 献立

2013年11月19日

2013年12月

Xmas.jpg

12/6(金)〜12/9(月)

<中国料理> 冬の養生・老化について

胡桃とニラの和え物
ブロッコリーとホタテのオイスターソース
台湾風炊き込みご飯
カシューナッツとプルーンのピザ
ハチミツ柚子の葛湯


簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎 黒ハート
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況

料理教室


-------------------------------------------------
立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

と言うことで、冬のお料理です。

12月は--------------------------------

大雪(12/7頃)
木枯らしが吹き始め降雪も多くなる頃。

冬至(12/22頃)
1年中で一番夜の長い日。
この日から日が伸び始めることから、
古くはこの日を年の始点と考えられた。
冬至南瓜やゆず湯の慣習が残る日。 
 
冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります。
posted by 135n at 17:29| 献立

2013年10月28日

2013年11月

2013-10-28 09.00.44.jpg


11/15(金)〜11/18(月) 日本料理(おせち料理)冬の養生


牛蒡と人参の胡麻和え
錦卵
鰤の塩麹漬け焼き
サツマイモの皮の大学芋風
芋ようかん
お雑煮

今回は「冬の養生」とおせち料理です。

お料理は簡単なお料理ばかりです。手(チョキ)

冬はゆっくり休養して、春からの陽の季節に備える為の季節なので
おせち料理も余り頑張らず、市販品も上手く利用しながら準備するといいと思いますわーい(嬉しい顔)

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室





立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

11月は--------------------------------------

立冬(11/8頃)
日は短くなり、時雨が降る季節。
北国や高山には初雪。関東では空っ風が吹く頃。

小雪(11/22頃)
日差しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。
平地にも初雪が舞い始める頃。
--------------------------------------------- 


冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器はです。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がりますぴかぴか(新しい)

posted by 135n at 12:17| 献立

2013年09月17日

2013年10月

豚薩摩芋.jpg

10/18(金)〜21(月) 

(午前のクラス)11〜14時
(午後のクラス)14〜17時


山芋とツナのカナッペ
キノコと蓮根の豆乳スープ
薩摩芋と豚肉のマーマレード風味
ドライフルーツのワイン煮
龍眼肉入り 紅茶

簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況



-----------------------------------------------
立秋(8/8頃)〜立冬(11/8頃)までが秋と言うことで
9月に続き、秋のお料理ですが10月は涼燥。

乾燥した気候でも寒くなってきてますので
体を潤しながらも、9月よりも体を温めるお料理です。

  寒露
  10/9頃、五穀の収穫時期。山野は晩秋の色彩が色こく、
  朝晩は肌に寒気を感じ始める頃。

  霜降
  10/24頃、夜間の冷え込みが厳しくなり、霜が降り始める頃。






・気温の下降→気血運行が滞りやすくなる
・毛穴が閉じる→汗をかきにくくなる→皮膚が乾燥しやすくなる(燥邪)

燥邪

・湿潤を好む
・肺を犯しやすい
・津液消耗→鼻、口、のど、唇、舌、皮膚などの乾燥。大便乾燥→便秘
・外燥=自然界の燥邪→鼻穴・皮毛から侵入→肺衛を犯す→温燥と涼燥
・内燥=大汗、精血消耗、老人の陰液不足などの陰津不足でおこる。


養生原則

・津液を補い、燥邪の侵入を防ぐ
・風寒感冒予防
・夏に弱った脾胃の機能を正常にする
・情緒を安定させる→肝気横逆により他の臓器に影響が出ないようにする
・気の流れを良くする→散歩や軽い運動


施膳原則

・肺の陰液を補う食物をとる
・生津潤燥作用のある野菜や果物を積極的にとる
・収斂作用の食材を多く摂り、辛味の食材を少なくする
・肝気の流れを良くする食材を摂る






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記、料理教室とは別に薬膳認定試験・受験対策講座も有ります。

次回、6月の認定試験の(初級)受験対策講座は4〜5月に予定してます。

ご興味の有る方はお問合せ下さい。(日時相談等、承ります)





posted by 135n at 15:41| 献立

2013年08月17日

2013年9月

2tomato.jpg
9/6(土)〜9(月) 

(午前のクラス)11〜14時
(午後のクラス)14〜17時

胡瓜と山芋の甘酢漬け
トマトと豆腐の煮込み
スズキの豆豉蒸し
蓮根飯
白キクラゲと梨のデザート
蜂蜜入りハブ茶喫茶店

簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


---------------------------------------

今回は秋の薬膳がテーマです満月

白露(9/8頃):夜間の気温が低くなり、秋の気配が感じられる頃。
秋分(9/23頃):春分と同じく昼夜の時間がほぼ同じで秋のお彼岸。

9月は秋と言ってもまだ残暑が残る温燥。
体の熱を冷ましつつ、体の乾燥を防ぎ、体を潤す料理です。



・気温の下降→気血運行が滞りやすくなる
・毛穴が閉じる→汗をかきにくくなる→皮膚が乾燥しやすくなる(燥邪)

燥邪

・湿潤を好む
・肺を犯しやすい
・津液消耗→鼻、口、のど、唇、舌、皮膚などの乾燥。大便乾燥→便秘
・外燥=自然界の燥邪→鼻穴・皮毛から侵入→肺衛を犯す→温燥と涼燥
・内燥=大汗、精血消耗、老人の陰液不足などの陰津不足でおこる。


養生原則

・津液を補い、燥邪の侵入を防ぐ
・風寒感冒予防
・夏に弱った脾胃の機能を正常にする
・情緒を安定させる→肝気横逆により他の臓器に影響が出ないようにする
・気の流れを良くする→散歩や軽い運動


施膳原則

・肺の陰液を補う食物をとる
・生津潤燥作用のある野菜や果物を積極的にとる
・収斂作用の食材を多く摂り、辛味の食材を少なくする
・肝気の流れを良くする食材を摂る






posted by 135n at 14:55| 献立

2013年06月30日

2013年7月

不眠 001.JPG
7/6(土)〜8(月) 

(午前のクラス)11〜14時
(午後のクラス)14〜17時

今回は不眠がテーマです。

茶碗蒸し2.jpg

砂肝のみぞれ和え

龍眼と百合根の茶碗蒸し 枝豆あん

アサリとヒジキの炊き込みご飯

冬瓜の味噌汁

苦瓜の塩麹漬け

タピオカ入り亀ゼリー

2種類の菊花茶


簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


---------------------------------------

小暑(7/7頃) 梅雨明けが近く本格的な暑さが始まる頃。
大暑(7/23頃) 最も暑い。夏の土用の時期。



posted by 135n at 21:47| 献立

2013年05月26日

2013年6月

6egg.jpg

6/14(金)〜17(月) 

(午前のクラス)11〜14時
(午後のクラス)14〜17時


西洋料理

ほうれん草とトマトのココット
ニンジンとレーズンのご飯
塩漬け三瓜
苦瓜豆乳ジュース
鮭と玉葱のマリネ
海老ニラのニンニク炒め

今月は「不妊A 男性不妊」について黒ハート

男性不妊 021.JPG



@ 器質的病変(生殖器の奇形など)
A 性交不能(ED・早漏・不射精など)
B 精液異常(精子数少・奇形が多い・運動性に問題あり)

以上、3つに分類されますが、

ここでは精液異常(腎精不足・陰虚火旺・腎陽虚・湿熱)と
ED(腎陽虚・肝鬱・心脾両虚・湿熱)について簡単に〜


男性不妊に関係なく、
腎精不足・陰虚火旺・腎陽虚・肝鬱・心脾両虚・湿熱タイプの方に
お薦めのお料理ですので、男性不妊に関係ない方もどうぞ〜


初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室

---------------------------------------
立夏(5/6頃)〜立秋(8/8頃)までの3ヶ月間が夏です。
五臓では心に関係が深い季節です。

芒種(6/6頃)
芒のある穀物の種蒔きをする頃。
西日本では梅雨に入る頃。

夏至(6/21頃)
一年中で一番昼が長い時期。
日本の大部分は梅雨の時期。



posted by 135n at 11:33| 献立

2013年05月04日

2013年5月

手抜き豚骨卵.jpg

中国料理

産前:棗と山芋のお粥  薬味豆腐  キウイフルーツ・ジュース

産後:豚足と卵の煮物  蓮根と韮のスープ  玉米鬚と黒豆のお茶  タンポポ珈琲


今月は「産前産後」について黒ハート

妊娠病.jpg

産前については、
妊娠悪阻(つわり)、妊娠腹痛、胎漏(子宮出血)、胎動不安、子腫(むくみ)、妊娠小便不通等々、
いろいろ有りますが、主に妊娠悪阻(つわり)について〜キスマーク

産後病.jpg

産後については、
産後腹痛、産後悪露不絶、産後排尿異常、産後身痛、缺乳(母乳不足か無乳)、乳汁自出等々、
これまた色々有りますが、主に缺乳(母乳不足か無乳)についてキスマーク

献立に汁物が多いですが、母乳の為には水分が要りますでので、悪しからず〜目



補脾補腎を中心に、産前はアッサリ!産後は補気補血養陰で〜レストラン

その間にストレス対策も〜るんるん



ぜ〜んぜん!関係ない方も、興味の無い方も、
ちょっとだけ、お付き合い下さい。

どう言う体質の方が、どうなりやすいか?
妊婦さんへの心配りが出来るようになりますよ手(チョキ)

婦人科診断.jpg


初めての方は簡単な体質チェックをしましょう。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室



posted by 135n at 13:41| 献立

2013年03月23日

2013年4月

samon.jpg

〜不妊・産前産後の薬膳〜

日本料理:4/19(金)〜22(月)

ブルーベリーの黒酢ドリンク
胡瓜の酢の物
鮪と韮の酢味噌和え
サーモン・ポテト
スッポン雑炊
グレープフルーツのワインゼリー



中医学的な考え方として、不妊は6タイプに分類できます。

・腎陽虚証
・腎陰虚証
・気血両虚証
・肝欝気滞証
・痰湿証
・血瘀証


産前産後については去年の5月にご説明してますが、
今回出産を控えた生徒さんがいらっしゃるので、簡単に紹介します。

尚、5月は「不妊A(男性不妊)・産前産後の続き」の予定です。


初めての方は簡単な体質チェックをしましょう。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室

ーーーーーーーーーーーーーーー

清明(4/5頃) 
桜や草木に花が咲き始め、万物が清らかで明るい気が溢れて来る。

穀雨(4/20頃) 
春の終わり。春雨が多くなり、穀物の種蒔きと成長の好期。
posted by 135n at 16:27| 献立

2013年03月01日

2013年3月

ボンゴレ・ロッソ.jpg

〜春の養生&ストレスの薬膳〜

西洋料理:3/15(金)〜18(月)

サントリー金麦プレゼント中ビール

カルダモン金柑茶 ←ウエルカム・ドリンク

スパゲティ・ボンゴレ・ロッソ
セロリと大根のサラダ
百合根とセロリのスープ
そば粉のパンケーキ


中医学的な考え方として、ストレスは4つに分類できます。

・肝気欝結証
・痰凝気滞証
・肝脾不和証
・心脾両虚証

それぞれのタイプのご説明と、それに応じたお料理を紹介します。

初めての方は簡単な体質チェックをしましょう。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室

啓蟄(3/5頃) 冬ごもりの虫が地上に這い出してくる頃。
春分(3/21頃) 昼夜の長さが等しくなり、次第に昼が長くなる。

---------------------------------------
立春(2/3頃))〜立夏(5/6頃)までが春。

春は成長発育の季節→人への影響

1.肌表・そう理が緩み、外邪への抵抗力が弱くなりやすい
→風邪に注意!

2.春は五行で木に属し、との関連が深い
→陽気が盛んな季節なので肝臓の気も旺盛になりがち
→高血圧、眩暈、肝炎などになりやすい。

3.気温の上昇
→気血の流れも活発になり新陳代謝が加速
→体力の無い人、お年寄り、子供には負担
→病気の再発、慢性病が悪化


養生原則

1.寒暖の変化に注意→衣服の調整

2.は抑鬱を嫌う
→情緒を安定させる
ストレスを避ける。


3.気の流れを良くする
→早起き、散歩、体を動かす、自然界の気を体内に取り入れる。

4.風邪予防


施膳原則

1.風邪等の邪気の侵入を防ぐ
  →ネギ、ニラ、ニンニク

2.陽気が活発になりすぎないように
  →寒性の食品(キュウリ等)も少し摂る。

3.のトラブルが起こりやすい
  情緒不安定、不眠、頭痛、のぼせ、顔面紅潮、怒りっぽい等
   →平肝、疏肝、補血、補陰、健脾の食材


4.「木克土」

  →木(肝・酸味)が土(脾胃・甘味)を抑制する。
  
  →肝の気が旺盛になりすぎる
  →脾胃の消化吸収活動を損ねる
  →「甘」を多くし「酸」を少なく。
  →甘の食物(棗・山芋等)で脾胃の働きを助ける。


4.まだ寒い

  →抵抗力が衰え病気になりやすい
  →優良な蛋白質を補充
  →鶏卵、エビ、魚、牛肉など
   その他、キクラゲ、椎茸など菌類も
  →充分な栄養補給が必要
  →雑穀類、大豆、胡麻、落花生、クルミなど


5.「気」を発散させる→紫蘇や春菊など

ポイントとなる臓器はです。


posted by 135n at 18:02| 献立

2013年01月22日

2013年2月

5konaniku.jpg

〜冷え性の薬膳〜

中国料理 2/15(金)〜2/18(月)

モヤシと韮の和え物
五香粉入り蓮根団子
セロリ入り ニラ玉スープ
小茴香ご飯
酒粕入り お汁粉

中医学的な考え方として、慢性の冷え性は3つに分類できます。

・陽虚証
・血虚証
・気滞証

それぞれのタイプのご説明と、それに応じたお料理を紹介します。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室

立春(2/4頃) 節分の翌日です。春の気配が感じられる頃。
雨水(2/19頃) 雪が雨となり、雪や氷が溶けて水がぬるむ頃。
----------------------------------------------------


● 立春(2/3頃))〜立夏(5/6頃)までが春。

春は成長発育の季節→人への影響

1.肌表・そう理が緩み、外邪への抵抗力が弱くなりやすい
→風邪に注意!

2.春は五行で木に属し、肝との関連が深い
→陽気が盛んな季節なので肝臓の気も旺盛になりがち
→高血圧、眩暈、肝炎などになりやすい。

3.気温の上昇
→気血の流れも活発になり新陳代謝が加速
→体力の無い人、お年寄り、子供には負担
→病気の再発、慢性病が悪化


養生原則

1.寒暖の変化に注意→衣服の調整

2.肝は抑鬱を嫌う
→情緒を安定させる
→ストレスを避ける。

3.気の流れを良くする
→早起き、散歩、体を動かす、自然界の気を体内に取り入れる。

4.風邪予防


施膳原則

1.風邪等の邪気の侵入を防ぐ
  →ネギ、ニラ、ニンニク

2.陽気が活発になりすぎないように
  →寒性の食品(キュウリ等)も少し摂る。


3.肝のトラブルが起こりやすい
  情緒不安定、不眠、頭痛、のぼせ、顔面紅潮、怒りっぽい等
   →平肝、疏肝、補血、補陰、健脾の食材

4.「木克土」

  →木(肝・酸味)が土(脾胃・甘味)を抑制する。
  
  →肝の気が旺盛になりすぎる
  →脾胃の消化吸収活動を損ねる
  →「甘」を多くし「酸」を少なく。
  →甘の食物(棗・山芋等)で脾胃の働きを助ける。


4.まだ寒い

  →抵抗力が衰え病気になりやすい
  →優良な蛋白質を補充
  →鶏卵、エビ、魚、牛肉など
   その他、キクラゲ、椎茸など菌類も
  →充分な栄養補給が必要
  →雑穀類、大豆、胡麻、落花生、クルミなど


5.「気」を発散させる→紫蘇や春菊など

ポイントとなる臓器はです。




posted by 135n at 14:02| 献立

2012年12月25日

2013年1月

ken.jpg

〜感冒の薬膳〜

百合根の蜂蜜漬け
山芋のお焼き・海老ニラ入り
けんちん汁&ゆかりご飯
桃の寒天

お粥 2種類(葱生姜&菊花茶)・・・こちらは簡単な紹介だけ。試食は2口程度の予定。


初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況


料理教室


今年の冬は寒い冬になりましたね〜雪雪雪

風邪を引きやすい季節ですので、今回は感冒(風邪)の薬膳です喫茶店

風邪(病名:感冒)と言っても、実は色々あります。

市販の西洋の風邪薬は、あまりタイプ分けされてないみたいだけど。。。目

中医学では大きく分けて2タイプあり、その中でまたそれぞれ4種類あります。(インフルエンザを除く)

季節: 風寒・風熱・暑湿・風燥
体質: 気虚・陽虚・陰虚・血虚

昔は〜
冬は風寒感冒が多く、春は風熱感冒が〜、

だったみたいですが
最近は風寒感冒から、すぐに風熱感冒に移行するみたいです。

温暖化で昔ほど寒くないから?
住環境が向上し、暖房も効いてるし?
栄養事情が良くなり、身体に熱がこもりやすい?

とか、とか。。。

症状の違いを説明させて頂きますので、是非、日常生活の中でご活用下さいませ。


さてさて、風邪は汗をかかせて治すもの(汗法)たらーっ(汗)

本来は薬(桂枝湯)を飲んで、熱い粥を食べて、布団をかぶって寝る。
そしてじんわり汗をかいたら、すぐ着替えてまた寝る。
汗が出なければ、汗が出るまで、これを繰り返す!

と言う事で、2種類のお粥を紹介してますが、
これは受験対策講座の感冒の薬膳と重複してますので、簡単なご紹介だけです。

受験対策講座に来られてない生徒さん、安心して下さい。
試食も有ります。でも、お腹いっぱいになるから二口ぐらいの予定です目

  晴れ  雪  晴れ  曇り  雪  晴れ  曇り  雪  

立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

1月は--------------------------------

小寒(1/6頃)
本格的な冬の季節で、寒風と積雪に悩まされます。

大寒(1/21頃)
一年中で一番寒さの厳しいころですが、
春はもうすぐ間近にせまっています。

---------------------------------------

冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります








posted by 135n at 16:13| 献立

2012年11月19日

2012年12月

xmas.JPG

12/7(金)〜12/10(月)

<西洋料理> 冬の養生・老化について


牛蒡と海老のスープ
南瓜のサラダ クリスマス・リース風
マーマレード・チキン・サンド
胡桃と栗の炊飯器ケーキ
金柑と蜂蜜のホット・ドリンク

追加:ウエルカム・ドリンクに寒い時に飲む紅茶

簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎 黒ハート
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況

料理教室


-------------------------------------------------
立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

と言うことで、冬のお料理です。

12月は--------------------------------

大雪(12/7頃)
木枯らしが吹き始め降雪も多くなる頃。

冬至(12/22頃)
1年中で一番夜の長い日。
この日から日が伸び始めることから、
古くはこの日を年の始点と考えられた。
冬至南瓜やゆず湯の慣習が残る日。 
 
冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります。


posted by 135n at 12:34| 献立

2012年10月28日

2012年11月

siratama.jpg

11/16(金)〜11/19(月)

<中国料理> 冬の養生・老化について

ニラのピーナッツ和え
鯛の牛乳煮込み
海老と人参のご飯
南瓜の白玉ぜんざい 胡桃と胡麻入り
陳皮と生姜のホットドリンク

簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎 黒ハート
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況

料理教室


-------------------------------------------------
立冬(11/8頃)〜立春(2/3頃)までが冬。

と言うことで、冬のお料理です。

11月は--------------------------------------

立冬(11/8頃)
日は短くなり、時雨が降る季節。
北国や高山には初雪。関東では空っ風が吹く頃。

小雪(11/22頃)
日差しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。
平地にも初雪が舞い始める頃。
--------------------------------------------- 
 
冬は寒さにより 気血の運行が滞りやすくなり、
代謝が緩慢になる。

皮膚のそう理が閉じて
皮膚の乾燥やひび割れなどが起こりやすくなる。

発汗が減少する分、尿量が増加する。


寒邪によって起こる疾患
・風寒感冒
・冷え性
・胃痛や生理痛、腰痛など

養生原則
・防寒(特に下半身)
・十分な睡眠をとる
・適度な運動で気血の滞りを防ぐ

施膳の原則
・補養(温補腎陽)の食物をとる
・滋陰の食物をとる(特に肝腎の陰を養う)
・生もの、冷たい飲食物を避ける
・鹹味を少なくし、苦味を増やす
・体温維持に必要なエネルギーとして それなりの熱量が必要

ポイントとなる臓器は腎です。
腎は成長・発育・生殖を主るところ。
その腎を補うこと(補腎)は老化防止に繋がります。


posted by 135n at 16:04| 献立

2012年09月26日

2012年10月

sanma.jpg
10/19(金)〜10/22(月)

<日本料理>

ウエルカム・ドリンクにホットオレンジバー

蓮根バーグ
秋刀魚の炊き込みご飯
豆乳汁
そば粉のお菓子
そば茶

簡単なお料理ばかりです。
初心者歓迎 黒ハート
お気軽にお問合せ下さい。

ところで、皆様の興味有るテーマをアンケートしたところ
第1位は「美容美肌」ぴかぴか(新しい)
なので、10月は「美容美肌」です揺れるハート

その心は
「豊に!」「潤わせる!」「巡らせる!」で〜す るんるん

お楽しみに〜黒ハート


予約をお待ちしております。 →予約状況

料理教室


-----------------------------------------------
立秋(8/8頃)〜立冬(11/8頃)までが秋と言うことで
9月に続き、秋のお料理ですが10月は涼燥。

乾燥した気候でも寒くなってきてますので
体を潤しながらも、9月よりも体を温めるお料理です。

  寒露
  10/9頃、五穀の収穫時期。山野は晩秋の色彩が色こく、
  朝晩は肌に寒気を感じ始める頃。

  霜降
  10/24頃、夜間の冷え込みが厳しくなり、霜が降り始める頃。



posted by 135n at 15:53| 献立

2012年08月16日

2012年9月

3supa.jpg


白露(9/8頃)
夜間の気温が低くなり、秋の気配が感じられる頃。

秋分(9/23頃)
春分と同じく昼夜の時間がほぼ同じで秋のお彼岸。
この日を境にして徐々に昼が短く、夜が長くなっていく。
--------------

2012年 9/20(木)〜24(月) 今回は試験的に木曜日を追加しました。

(午前のクラス)11〜14時
(午後のクラス)14〜17時

西洋料理:秋の養生

豚肉と梨のサラダ
オイルサーディンのスパゲティ
エリンギ・ほうれん草のスパニッシュ・オムレツ
豆乳ぶどうジュース
ピーナツとバナナのサンドウィッチ

簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況



------------------------------------------------
立秋(8/8頃)〜立冬(11/8頃)までが秋。

秋の養生としては

・乾燥を防ぐ(口渇、空咳、肌が乾燥する、便秘しやすい)

・冷えに注意
  (夏の汗→人体は水分不足→そこに冷気→頭痛・鼻づまり
    ・胃痛・関節痛、慢性病の再発・新たな病気を誘発)

・基礎体力を養う
  (夏ばて→秋に風邪などひかぬように注意!)

-------------------------------------------------

9月は秋と言ってもまだ残暑が残る温燥。

体の熱を冷ましつつ、体の乾燥を防ぎ、体を潤す料理ぴかぴか(新しい)






posted by 135n at 16:28| 献立

2012年06月22日

2012年7月

緑豆粥 003.JPG

7/6(金)〜9(月) 

(午前のクラス)11〜14時
(午後のクラス)14〜17時


中国料理(の養生・夏ばて

スイカの皮の中華風漬け物
茄子の和え物
冬瓜と豚肉の煮物
緑豆粥
西瓜ソーダー

簡単なお料理ばかりです。

初心者歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい。

予約をお待ちしております。 →予約状況



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


立夏(5/6頃)〜立秋(8/8頃)までの3ヶ月間が夏です。
---------------------------------------
小暑(7/7頃) 梅雨明けが近く本格的な暑さが始まる頃。
大暑(7/23頃) 最も暑い。夏の土用の時期。
---------------------------------------
と言うことで、夏ばての季節ですねー

夏ばて=夏の体調不良。中国では「苦夏」

症状
全身だるい、倦怠感、むくみ、食欲不振、吐き気、下痢又は便秘、思考力と集中力の低下、睡眠障害、頭痛、眩暈、微熱など。酷い時は自律神経失調症に至る。

原因
内因:脾胃気虚、痰湿内停
外因:暑湿の邪
不内外因:飲食習慣、睡眠不足、過労、冷房、環境問題など

よくあるタイプは3つ

1.寒湿困脾(女性に多い)
脘腹脹満・食欲不振・吐き気・不渇・腹痛・下痢・頭痛頭重・むくみ・苔白膩、脈濡緩脈

2.湿熱中阻(男性に多い)
脘腹痞悶・吐き気・嘔吐・厭食・口苦口粘・喉渇くが飲みたがらない・苔黄膩・脈濡数

3.脾虚湿阻(50歳代以降の人に多い)
顔色黄色っぽい・倦怠乏力・四肢身体がおもだるい・脘腹違和感・食欲不振(仕方なく食べてる)・脂っこい物が食べられない・下痢・苔薄膩・脈濡細


いずれも体内の「湿邪を除去する」のがポイントで
6月の湿邪対策の続きです。
posted by 135n at 10:26| 献立